サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

メタファーとは?意味や使い方を詳しく解説【保存版】

メタファーとは?

「あのシーンって主人公の心情のメタファーだよね」

映画用語としてよく使われるメタファー。

ですが、
・メタファーの意味は?
・なんでメタファーって言うの?
など疑問を持っている方も多いでしょう。

そこで、今回はメタファーについて解説していきます。

メタファーとは?

メタファーとは、隠喩や暗喩を意味しています。

比喩の一種ですが、明確に比喩として表現されていないもの、直接的な比喩表現が使われていないものを指します。

映画におけるメタファーの意味

映画におけるメタファーも同様で、情景描写や音楽を使って比喩表現するようなシーンを指します。

通常描写例: 主人公が悲しみのあまり号泣するシーン
隠喩(メタファー)例: 大雨の情景描写で主人公の悲しみを表現するシーン

英語にすると

メタファーを英語にすると、”metaphor”となります。

読み方もそのままメタファーとなります。

メタファーの対義語

隠喩・暗喩を意味するメタファーの対義語は、直喩を意味する”シミリー”となります。

隠喩と直喩の違い

直喩は”〜のように”など曖昧な表現が多いのに比べて、隠喩は言い切る表現が多いのが特徴です、。

直喩 例:時間はお金のように大事だ
隠喩 例:時は金なり

メタファーの使い方

メタファーを使う際は、万人が納得する共通認識の物を使います。

例えば、”雨”はマイナスイメージ、心が暗くなるイメージを持ってをいる人が大半ですの、雨を使って主人公の悲しさや辛さを表現することは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です