マウリシオ・ポチェッティーノが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

この記事は約5分で読めます。


マウリシオ・ポチェッティーノは、ヨーロッパを代表するサッカー監督です。

ですが、
・マウリシオ・ポチェッティーノってどんな人?
・マウリシオ・ポチェッティーノが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はマウリシオ・ポチェッティーノが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

スポンサーリンク

マウリシオ・ポチェッティーノの基本情報

マウリシオ・ポチェッティーノはアルゼンチン出身のサッカー監督です。

名前 マウリシオ・ロベルト・ポチェッティーノ・トロセーロ(Mauricio Roberto Pochettino Trossero)
出身 アルゼンチン
生年月日 1972年3月2日

選手としての実績

マウリシオ・ポチェッティーノは、選手としても評価を受けたDFでした。

スペインのエスパニョールでは不動のセンターバックとしてプレーし、その後、パリ・サンジェルマンでもレギュラーDFとしてプレーしました。

また、ポチェッティーノはアルゼンチン代表キャップも持ち、2002年の日韓ワールドカップにも出場しています。

スポンサーリンク

マウリシオ・ポチェッティーノが監督したチーム一覧

期間 チーム 役割
2009-2012年 エスパニョール 監督
2013-2014年 サウサンプトン 監督
2014-2019年 トッテナム・ホットスパー 監督

現在はパリ・サンジェルマンの監督!

ポチェッティーノは2019年にトッテナムの監督を解任された後、2020年はフリーなっていました。

ですが、2021年1月にフランスのビッククラブ、パリ・サンジェルマンの監督に就任しました。

ネイマールやエムバペとの関係構築やリーグアン巻き返しなど色々とこれからが楽しみですね。

マウリシオ・ポチェッティーノが監督した完成度の高いチーム

マウリシオ・ポチェッティーノが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

サウサンプトン(2013-2014シーズン)

ポチェッティーノは昇格シーズンで降格圏に沈んでいたサウサンプトンの監督に就任し、14位まで巻き返しました。

その翌シーズン、2013-2014年はクラブ史上最高位の8位まで引き上げました。

当時の主力メンバーには、高い戦術理解度とテクニックを持ち合わせるアダム・ララーナや空中戦に優れたDFデヤン・ロブレン、日本史上最高峰のセンターバック吉田麻也など粒揃いでした。

トッテナム(2019-2019シーズン)

ポチェッティーノが監督として最高のシーズンを送ったのは、トッテナムを率いた2018-2019年シーズンでした。

2017-2018シーズンまでにトッテナムで3年連続プレミアリーグ3位以内という功績を達成していましが、このシーズンでは途中エースのハリー・ケインを怪我で失いながらもチャンピオンズリーグ決勝に進出。

あと一歩というところでユルゲン・クロップ率いるリバプールに敗戦しましたが、魅力的なサッカーでその名を轟かせました。

当時の主力メンバーは、韓国の至宝ソン・フンミンやベンチからでも結果を残したルーカス・モウラ、司令塔クリスティアン・エリクセンなど攻撃陣にタレントを揃えていました。

ポチェッティーノの戦術

ポチェッティーノは現役時代センターバックとして活躍していたことから守備意識の高い監督であり、チーム全員に激しいプレッシングを求めます。

全員が走れて守備意識を高く持ち、決定力のある攻撃陣が相手を仕留めるといった戦い方です。

また、ユース出身の若手や将来有望な選手を獲得して起用することでも有名です。

マウリシオ・ポチェッティーノの試合を観るならDAZN


マウリシオ・ポチェッティーノが監督するパリ・サンジェルマンの試合を観るならDAZNがおすすめです。

DAZNではヨーロッパで開催されている多くのリーグ戦やカップ戦が楽しめます。

リーグ戦 視聴 カップ戦 視聴
イングランド プレミアリーグ 可能 FAカップ 可能
スペイン リーガ・エスパニューラ 可能 コパ・デル・レイ 可能
イタリア セリエA 可能 コッパ・イタリア 可能
ドイツ ブンデスリーガ 不可 DFBボカール 可能
フランス リーグ・アン 可能 クープ・ドゥ・フランス 確認中
ベルギー ジュピラー・プロ・リーグ 可能 ベルギーカップ 不可

マウリシオ・ポチェッティーノ以外のを代表する監督は?

マウリシオ・ポチェッティーノ以外にも世界には名将と呼ばれる監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

ユルゲン・クロップ

ユルゲン・クロップは、ドイツを代表する監督の一人です。

驚異的なハイプレス「ゲーゲンプレス」の使い手で縦に早くカウンター仕掛けるスタイルでドルトムントやリバプールの躍進を支えています。

ジョゼ・モウリーニョ

ジョゼ・モウリーニョは、ポルトガルを代表する監督の一人です。

現実路線の戦術でチェルシーやインテル、レアル・マドリードなどでリーグ優勝を果たした優勝請負人として有名な監督です。

ジョゼップ・グラウディオラ

ジョゼップ・グラウディオラは、スペイン出身の世界的監督です。

バルセロナやバイエルン、マンチェスターシティといった名門クラブの監督を歴任してきており、攻撃的なパスサッカーを信条としています。

ディエゴ・シメオネ

ディエゴ・シメオネはアルゼンチンが生んだ最高の監督の一人です。

アトレティコ・マドリードで長期政権を築き、レアル・マドリードに対抗するまでの力をつけたチームを作り上げました。

マウリシオ・ポチェッティーノが監督したチーム最後に

マウリシオ・ポチェッティーノは、これまで様々なチームを率いてきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はマウリシオ・ポチェッティーノの今後の活躍に期待してください。

コメント