ディエゴ・シメオネが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

この記事は約4分で読めます。


ディエゴ・シメオネは、南米出身でヨーロッパで活躍するサッカー監督です。

ですが、
・ディエゴ・シメオネってどんな人?
・ディエゴ・シメオネが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はディエゴ・シメオネが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

スポンサーリンク

ディエゴ・シメオネの基本情報

ディエゴ・シメオネはアルゼンチン出身のサッカー監督です。

名前 ディエゴ・パブロ・シメオネ・ゴンサレス(Diego Pablo Simeone González)
出身 アルゼンチン ブエノスアイレス
生年月日 1970年4月28日

選手としての実績

ディエゴ・シメオネは、守備的MFとしてアトレティコ・マドリードやインテルで活躍しました。

アトレティコ時代にはリーガ制覇、コパ・デル・レイ優勝の2冠を達成しています。

スポンサーリンク

ディエゴ・シメオネが監督したチーム一覧

期間 チーム 役割
2006年 ラシン・クラブ 監督
2006-2007年 エストゥディアンテス 監督
2007-2008年 リーベル・プレート 監督
2009-2010年 サン・ロレンソ 監督
2011年 カターニア 監督
2011年 ラシン・クラブ 監督
2011-現在 アトレティコ・マドリード 監督

現在はアトレティコ・マドリードの監督

2020年もシメオネはアトレティコ・マドリードの監督を努めています。

2020-2021シーズンは、スタートダッシュに成功していますので、リーガの優勝に手が届くか期待です。

ディエゴ・シメオネが監督した完成度の高いチーム

ディエゴ・シメオネが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

アトレティコ・マドリード(2013-2014シーズン)

ディエゴ・シメオネがアトレティコ・マドリードの監督に就任してから3年目の2013-2014シーズン。

シメネオのもと、堅守速攻のチームとして円熟期に達したアトレティコは、バルセロナやレアル・マドリードを抑えリーガエスパニョーラを制覇しました。

また、チャンピオンズリーグでも決勝でレアル・マドリードに敗れたものの準優勝に輝いています。

当時の主力メンバーには、ベテランFWダビド・ビジャや野獣ジエゴ・コスタ、万能MFコケに主将ガビなど粒揃いのメンバーが揃っていました。

シメオネの戦術

シメオネの基本戦術は4-4-2です。

攻撃的なタイミングでは4-2-2-2のようなに変わる可変スタイルを好んでいます。

シメオネのチームは、堅守速攻型であり中盤の潰しと精度の高いカウンターが肝になっています。

ディエゴ・シメオネの試合を観るならDAZN


ディエゴ・シメオネが監督するアトレティコ・マドリードの試合を観るならDAZNがおすすめです。

DAZNではヨーロッパで開催されている多くのリーグ戦やカップ戦が楽しめます。

リーグ戦 視聴 カップ戦 視聴
イングランド プレミアリーグ 可能 FAカップ 可能
スペイン リーガ・エスパニューラ 可能 コパ・デル・レイ 可能
イタリア セリエA 可能 コッパ・イタリア 可能
ドイツ ブンデスリーガ 不可 DFBボカール 可能
フランス リーグ・アン 可能 クープ・ドゥ・フランス 確認中
ベルギー ジュピラー・プロ・リーグ 可能 ベルギーカップ 不可

ディエゴ・シメオネ以外の世界的な監督は?

ディエゴ・シメオネ以外にも世界には名将と呼ばれる監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

ユルゲン・クロップ

ユルゲン・クロップは、ドイツを代表する監督の一人です。

驚異的なハイプレス「ゲーゲンプレス」の使い手で縦に早くカウンター仕掛けるスタイルでドルトムントやリバプールの躍進を支えています。

ジョゼップ・グラウディオラ

ジョゼップ・グラウディオラは、スペイン出身の世界的監督です。

バルセロナやバイエルン、マンチェスターシティといった名門クラブの監督を歴任してきており、攻撃的なパスサッカーを信条としています。

ジョゼ・モウリーニョ

ジョゼ・モウリーニョは、ポルトガルを代表する監督の一人です。

現実路線の戦術でチェルシーやインテル、レアル・マドリードなどでリーグ優勝を果たした優勝請負人として有名な監督です。

ディエゴ・シメオネが監督したチーム最後に

ディエゴ・シメオネは、これまで様々なチームを率いてきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はディエゴ・シメオネの今後の活躍に期待してください。

コメント