ラルフ・ハーゼンヒュットルが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

この記事は約4分で読めます。


ラルフ・ハーゼンヒュットルは、ヨーロッパを代表するサッカー監督です。

ですが、
・ラルフ・ハーゼンヒュットルってどんな人?
・ラルフ・ハーゼンヒュットルが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はラルフ・ハーゼンヒュットルが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

スポンサーリンク

ラルフ・ハーゼンヒュットルの基本情報

ラルフ・ハーゼンヒュットルはオーストリア出身のサッカー監督です。

名前 ラルフ・ハーゼンヒュットル(Ralph Hasenhüttl)
出身 シュタイアーマルク州グラーツ
生年月日 1967年8月9日

選手としての実績

ラルフ・ハーゼンヒュットルは、オーストリアリーグやドイツ2部などでプレーしています。

FKアウストリア・ウィーンやFCケルンなどでプレーしています。

スポンサーリンク

ラルフ・ハーゼンヒュットルが監督したチーム一覧

期間 チーム 役割
2007-2010年 ウンターハヒンク 監督
2011-2013年 VfRアーレン 監督
2013-2016年 FCインゴルシュタット 監督
2016-2018年 RBライプツィヒ 監督
2018-現在 サウサンプトンFC 監督

現在はサウサンプトンの監督

ラルフ・ハーゼンヒュットルは2018年からプレミアリーグのサウサンプトンFC監督に就任しています。

日本代表のエース格、南野拓実がレンタルで在籍しているクラブですので、今後の活躍に期待しましょう。

ラルフ・ハーゼンヒュットルが監督した完成度の高いチーム

ラルフ・ハーゼンヒュットルが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

RBライプツィヒ(2016-2017シーズン)

ラルフ・ハーゼンヒュットルは2016年、ブンデスリーガ昇格初年度のシーズンだったRBライプツィヒの監督に就任しました。

そのシーズン、残留争いのチームかと思われましたが快進撃を披露し、リーグ戦2位フィニッシュという好記録を達成しました。

当時の主力メンバーには、圧倒的なスピードを武器にした快速ストライカー、ティモ・ヴェルナーや高い戦術理解度とテクニックを持ち合わせるナビ・ケイタやSBとCBをハイレベルにこなすマルツェル・ハルステンベルクなど粒揃いでした。

ラルフ・ハーゼンヒュットルの戦術

ラルフ・ハーゼンヒュットルは4-4-2のフォーメーションを主体としてハイプレスからボールを奪取する攻撃的なサッカーを標榜しています。

また、「アルプスのクロップ」という異名も持ちリバプール監督のユルゲン・クロップにも似た戦術を好むと言われています。

ラルフ・ハーゼンヒュットル以外のを代表する監督は?

ラルフ・ハーゼンヒュットル以外にも世界には名将と呼ばれる監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

ユルゲン・クロップ

ユルゲン・クロップは、ドイツを代表する監督の一人です。

驚異的なハイプレス「ゲーゲンプレス」の使い手で縦に早くカウンター仕掛けるスタイルでドルトムントやリバプールの躍進を支えています。

ジョゼ・モウリーニョ

ジョゼ・モウリーニョは、ポルトガルを代表する監督の一人です。

現実路線の戦術でチェルシーやインテル、レアル・マドリードなどでリーグ優勝を果たした優勝請負人として有名な監督です。

ジョゼップ・グラウディオラ

ジョゼップ・グラウディオラは、スペイン出身の世界的監督です。

バルセロナやバイエルン、マンチェスターシティといった名門クラブの監督を歴任してきており、攻撃的なパスサッカーを信条としています。

ディエゴ・シメオネ

ディエゴ・シメオネはアルゼンチンが生んだ最高の監督の一人です。

アトレティコ・マドリードで長期政権を築き、レアル・マドリードに対抗するまでの力をつけたチームを作り上げました。

ラルフ・ハーゼンヒュットルが監督したチーム最後に

ラルフ・ハーゼンヒュットルは、これまで様々なチームを率いてきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はラルフ・ハーゼンヒュットルの今後の活躍に期待してください。

コメント