東京オリンピックの日本代表監督まとめ

デーブ・ロバーツが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

デーブ・ロバーツ

デーブ・ロバーツは、MLBを代表する監督です。

ですが、
・デーブ・ロバーツってどんな人?
・デーブ・ロバーツが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はデーブ・ロバーツが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

デーブ・ロバーツの基本情報

デーブ・ロバーツはカリフォルニア州出身のMLB監督です。

名前 デビッド・レイ・ロバーツ(David Ray Roberts)
生まれ 沖縄県那覇市
出身 アメリカ カリフォルニア州サンディエゴ
生年月日 1972年5月31日

沖縄生まれ

デーブ・ロバーツは、沖縄県那覇市で生まれました。

その後、カリフォルニア州サンディエゴへ移り住んでいます。

母親は日本人

デーブ・ロバーツの母親は日本人の方です。

日本語は話せない?

デーブ・ロバーツは沖縄生まれですが、日本語は話せないようです。

UCLA出身

デーブ・ロバーツは、名門カリフォルニア大学ロサンゼルス校出身です。

UCLAは外野手としてプレーしていました。

俊足外野手としてプレー

デーブ・ロバーツは大学卒業後、MLBでも活躍しています。

メジャーでは俊足の外野手として長年プレーし、多くの盗塁を決めた選手でした。

MLB通算436勝

デーブ・ロバーツは2020年シーズン終了時点で監督としてレギュラーシーズン通算436勝を記録しています。

通算勝利数が多い監督は以下の通りです。

順位 勝利数 監督名 主なチーム
1位 3,731勝 コニー・マック パイレーツ、アスレチックス
2位 2,763勝 ジョン・マグロー オリオールズ、ジャイアンツ
3位 2,728勝 トニー・ラルーサ アスレチックス、カージナルスなど
4位 2,504勝 ボビー・コックス ブレーブス、ブルージェイズ
5位 2,326勝 ジョー・トーリ ヤンキース、ドジャースなど
6位 2,194勝 スパーキー・アンダーソン レッズ、タイガースなど
7位 2,158勝 バッキー・ハリス セネタース、タイガースなど
8位 2,125勝 ジョー・マッカーシー ヤンキース、カブスなど
9位 2,040勝 ウォルター・オルストン ドジャース
10位 2,008勝 レオ・ドローチャー ドジャース、ジャイアンツなど

デーブ・ロバーツが携わったチーム一覧

期間 チーム 役割
2011-2015年 サンディエゴ・パドレス コーチ
2015年 サンディエゴ・パドレス 監督代行
2016-現在 ロサンゼルス・ドジャース 監督

ワールドシリーズ制覇

デーブ・ロバーツはコロナ禍で行われた短縮シーズンの2020年シーズンに、ワールドシリーズを制覇しました。

ワールドシリーズに3度進出し、ようやく優勝を達成しました。

ワールドシリーズ優勝経験のある現役監督

2021年現在、現役のMLB監督でワールドシリーズ優勝経験があるのは下記の監督達です。

監督名 優勝回数 優勝チーム
トニー・ラルーサ 3回 アスレチックス、カージナルス
テリー・フランコーナ 2回 レッドソックス
ジョー・マドン 1回 カブス
アレックス・コーラ 1回 レッドソックス
A.J.ヒンチ 1回 アストロズ
ジョー・ジラルディ 1回 ヤンキース
デーブ・マルティネス 1回 ナショナルズ
デーブ・ロバーツ 1回 ドジャース

現在はドジャース監督

デーブ・ロバーツは2016年からロサンゼルス・ドジャースの監督をつとめています。

2021年は前年度チャンピオンとして、今シーズンの活躍に期待しましょう!

デーブ・ロバーツが特筆した成績を収めたチーム

デーブ・ロバーツが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

ドジャース(2017年シーズン)

デーブ・ロバーツが初めてワールドシリーズに進出したのが、就任2年目の2017年シーズンでした。

2017年シーズンは圧倒的戦力を誇り、両リーグ最多のシーズン104勝に到達。

プレイオフでもダイヤモンドバックス、カブスを一蹴しワールドシリーズに進出しました。

そのワールドシリーズでは超強力打線のアストロズに惜しくも破れますが、あと一歩で優勝というシーズンでした。

当時の主力には、大エースクレイトン・カーショーはもちろん、ダルビッシュ有や前田健太といった日本人先発ピッチャー、クローザーのケンリー・ジャンセンなどの投手陣が揃っていました。

また野手陣も売り出し中のコディ・ベリンジャーやコーリー・シーガー、ベテランのチェイス・アトリーやジャスティン・ターナーなど余りある戦力でした。

ドジャース(2020年シーズン)

レギュラーシーズン60試合となった2020年シーズン。

短縮シーズンでもロバーツ率いるドジャースは勝ち続け、43勝17敗の好成績でプレイオフに突入しました。

迎えたプレイオフでは、ブルワーズやパドレス、ブレーブスを薙ぎ倒しワールドシリーズに進出しました。

ワールドシリーズでは革新的な戦術で勝ち上がってきたケビン・キャッシュ率いるレイズと対戦。

4勝2敗でロバーツ政権下初優勝を飾りました。

デーブ・ロバーツの教え子は?

デーブ・ロバーツの教え子として有名な選手をまとめました。

コディ・ベリンジャー

デーブ・ロバーツが育てた代表的な選手といえばコディ・ベリンジャーです。

2017年にメジャーデビューすると、持ち前の長打力を発揮してすぐに主力に定着、チームに欠かせない存在となりました。

三振が多いという欠点もありますが、根気強くロバーツ監督が起用し続けた結果リーグ屈指のバッターに成長しています。

コーリー・シーガー

ベリンジャーとともに、ロバーツの教え子として有名な選手がコーリー・シーガーです。

ロバーツがドジャースに就任した2016年にブレイクを果たし、リーグ屈指の強打のショートストップとなりました。

デーブ・ロバーツが監督したチーム最後に

デーブ・ロバーツは年齢的にもまだまだ若く、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

興味のある方はデーブ・ロバーツの今後の活躍に期待してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です