東京オリンピックの日本代表監督まとめ

フランチャイズタグとは?意味や例を解説【保存版】

フランチャイズタグ

NFLのオフシーズンによく耳にするフランチャイズタグ。

・フランチャイズタグってそもそも何?
・何のために使うの?
・フランチャイズタグは失効するの?
など気になる人も多いと思います。

そこで、今回はフランチャイズタグについて詳しく解説します。

フランチャイズタグとは?

フランチャイズタグとはNFLのチームが、チームトップクラスの選手を1シーズンの間チームに引き留めることができる権利です。

フランチャイズタグを使用する理由

フランチャイズタグを使う理由としては、以下のケースがあります。

  • 長期契約を結ぶための準備期間として使う
  • 長期契約を結ぶ価値があるか見極めるための期間として使う
  • 交渉が纏まらなかった場合に再契約の猶予期間として使う

フランチャイズタグの期間

フランチャイズタグは、1シーズンのみ有効です。

行使期間

フランチャイズタグを行使できる期間は2月後半~3月頭です。

ただし、その年によって変更になる可能があります。

フランチャイズタグのルール

フランチャイズタグの細かなルールは以下の通りです。

  1. 1チーム1名だけ指名可能(1シーズン毎)
  2. フランチャイズタグが貼られたプレイヤーは年俸をリーグトップレベルに引き上げなければならない
  3. 他チームとの交渉ができない、または他チームとの交渉後に同条件を提示すれば残留させることができる

フランチャイズタグの種類

フランチャイズタグの種類は3種類です。

  1. 非独占的
  2. 独占的
  3. トランジション

非独占的

非独占的なフランチャイズタグは、下記条件の内、高い方の年俸を払わなければなりません。

  • タグを貼った選手と同じポジションの年俸トップ5人の平均以上
  • タグを貼った選手の前シーズンの年俸の120%

また、タグを貼られたプレイヤーには、他チームとの交渉権あります。

ただし、所属チームは、他チームが提示した条件と同条件を提示することができます。

さらに、所属チームがほかのチームと同条件を提示できない場合、補償としてドラフト1巡目指名権を2つもらうことができます。

独占的

独占的なフランチャイズタグは、非独占的と同様に下記条件の内、高い方の年俸を払わなければなりません。

  • タグを貼った選手と同じポジションの年俸トップ5人の平均以上
  • タグを貼った選手の前シーズンの年俸の120%

非独占的なフランチャイズタグとの違いは、タグを貼られたプレイヤーが他チームと交渉できないという点です。

かなり制限されたタグですので、過去10年間で2名しかこのタグを貼られていません。

トランジション

トランジションタグは、そのタグを貼られたプレイヤーと同じポジションの年俸トップ10の平均年俸を払わなければなりません。

また、タグが貼られたプレイヤーは、他チームと交渉可能です。

所属チームは他チームが提示した条件と同条件を提示できますが、同条件を提示できない場合は補償を得られません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です