マイケル・マローンが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

マイケル・マローン
マイケル・マローンは、現役のNBA監督です。

ですが、
・マイケル・マローンってどんな人?
・マイケル・マローンが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はマイケル・マローンが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

マイケル・マローンの基本情報

マイケル・マローンはニューヨーク州出身のNBA監督です。

名前 マイケル・マローン(Michael Malone)
出身 アメリカ ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区
生年月日 1971年1月1日

ロヨラ大学メリーランド校出身

マイケル・マローンはロヨラ大学メリーランド校出身です。

NCAA1部のペイトリオッツカンファレンスに所属する大学で、マイケル・マローンは4年間PGとして活躍していました。

マイケル・マローンが監督したチーム一覧

期間 チーム 役割
1994-1995年 オークランド大学 アシスタントコーチ
1995-1998年 プロヴィデンス大学 アシスタントコーチ
1999-2001年 マンハッタン大学 アシスタントコーチ
2001-2005年 ニューヨーク・ニックス アシスタントコーチ
2005-2010年 クリーブランド・キャバリアーズ アシスタントコーチ
2010-2011年 ニューオーリンズ・ホーネッツ アシスタントコーチ
2011-2013年 ゴールデンステート・ウォリアーズ アシスタントコーチ
2013-2014年 サクラメント・キングス ヘッドコーチ
2015-現在 デンバー・ナゲッツ ヘッドコーチ

現在はナゲッツヘッドコーチ

マイケル・マローンは2015-2016シーズンからデンバー・ナゲッツのヘッドコーチに就任しました。

2019-2020シーズンはカンファレンスファイナルまで到達しましたので、今シーズンはNBAチャンピオンを期待しましょう。

マイケル・マローンが監督した完成度の高いチーム

マイケル・マローンが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

デンバー・ナゲッツ(2019-2020シーズン)

マイケル・マローンがヘッドコーチとして最もNBAチャンピオンに近づいたのは、2019-2020シーズンでした。

コロナ禍で行われた2019-2020シーズンはレギュラーシーズンを通して好調で、46勝27敗の好成績。

第3シードでプレイオフに乗り込むとジャズ、クリッパーズとの激戦を相次いで制してカンファレンスファイナルまで到達しました。

カンファレンスファイナルではKINGレブロンとアンソニー・デービスの強力タッグを擁するレイカーズの前に1勝4敗と惜敗しました。

主力メンバーには、大黒柱のCニコラ・ヨキッチに加えて、勝負強さが光るPGジャマール・マレー、ベテランPFポール・ミルサップなど各ポジションに実力者が揃っていました。

マイケル・マローン以外のNBAを代表する監督は?

マイケル・マローン以外にもNBAには名将と呼ばれる監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

スティーブ・カー

スティーブ・カーは、NBAを代表する監督の一人です。

ステファン・カリーとクレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズを中心にスモールラインナップを並べ、アウトサイドからガンガンと3Pを狙っていきます。

マイケル・マローンが監督したチーム最後に

マイケル・マローンは、これまで様々なチームを率いてきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はマイケル・マローンの今後の活躍に期待してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です