サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

エリック・スポールストラが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

エリック・スポールストラ-img

エリック・スポールストラは、現役のNBAヘッドコーチです。

ですが、
・エリック・スポールストラってどんな人?
・エリック・スポールストラが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はエリック・スポールストラがヘッドコーチしたチームや教え子などを紹介していきます。

エリック・スポールストラの基本情報

エリック・スポールストラはイリノイ州出身のNBA監督です。

名前 エリック・ジョン・スポールストラ(Erik Jon Spoelstra)
出身地 イリノイ州エバンストン
生年月日 1970年11月1日

アジア系アメリカ人初のNBAヘッドコーチ

エリック・スポールストラはフィリピン系アメリカ人であり、初めてアメリカ4大スポーツの監督及びヘッドコーチとなったアジア系アメリカ人です。

ポートランド大学出身

エリック・スポールストラは、ポートランド大学出身です。

ポートランド大学のバスケットボールチームはNCAA一部ウエストコーストカンファレンスに所属していますが、スポールストラはPGとして4年間プレーしていました。

NBA通算607勝

エリック・スポールストラは2021-2022シーズン開幕前の時点でヘッドコーチとしてNBAレギュラーシーズン通算607勝を記録しています。

今後さらに勝利数を伸ばすことが期待されます。

順位 RS通算勝利数 ヘッドコーチ名 主なチーム
1位 1,335勝 ドン・ネルソン バックス、ウォリアーズなど
2位 1,332勝 レニー・ウィルケンズ スーパーソニックス、キャブスなど
3位 1,310勝 グレッグ・ポポヴィッチ スパーズ
4位 1,221勝 ジェリー・スローン ブルズ、ジャズ
5位 1,210勝 パットライリー レイカーズ、ヒートなど
6位 1,175勝 ジョージ・カール スーパーソニックス、ナゲッツなど
7位 1,155勝 フィル・ジャクソン ブルズ、
8位 1,098勝 ラリー・ブラウン 76ers、ピストンズなど
9位 1,042勝 リック・アデルマン ブレイザーズ、キングスなど
10位 992勝 ドック・リバース セルティックス、76ersなど

エリック・スポールストラが監督したチーム一覧

期間 チーム 役割
1993-1995年 ヴェストファーレン アシスタントコーチ
1997-2008年 マイアミ・ヒート アシスタントコーチ
2008-現在 マイアミ・ヒート ヘッドコーチ

現在はヒートHC

エリック・スポールストラは2008-2009シーズンからマイアミ・ヒートのヘッドコーチへ昇格しました。

NBAファイナルを2度制覇

エリック・スポールストラはヒートのヘッドコーチとしてNBAファイナルで2個のチャンピオンリングを手にしています。

また、NBAファイナルへ進出した回数は5度という現役でも屈指の実績を持つヘッドコーチと言えます。

NBAファイナル優勝経験のある現役ヘッドコーチ

2021年現在、現役のNBAヘッドコーチでNBAチャンピオンの経験があるのは下記のコーチ達です。

ヘッドコーチ名 優勝回数 優勝チーム
グレッグ・ポポヴィッチ 5回 スパーズ
スティーブ・カー 3回 ウォリアーズ
エリック・スポールストラ 2回 ヒート
マイク・ビューデンホルツァー 1回 バックス
リック・カーライル 1回 マーベリックス
ティロン・ルー 1回 キャバリアーズ
ドック・リバース 1回 セルティックス
ニック・ナース 1回 ラプターズ
フランク・ヴォーゲル 1回 レイカーズ

エリック・スポールストラが監督した完成度の高いチーム

エリック・スポールストラが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

マイアミ・ヒート(2012-2013シーズン)

2011-2012シーズンに引き続き、連覇を狙った2012-2013シーズン。

2年前からレブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュの同期3人によるスリーキングスがリーグを席巻していましたが、このシーズンは歴代屈指の3Pシューターレイ・アレンも獲得。

充実した戦力を擁するヒートはレギュラーシーズンを66勝16敗の好成績で終え、プレーオフに乗り込みました。

迎えたプレーオフではバックス、ブルズを一蹴、カンファレンスはペイサーズと接戦を繰り広げますが、なんとか勝ち切り3年連続のNBAファイナルへ到達しました。

NBAファイナルでは、グレッグ・ポポヴィッチ率いるスパーズと激突。

4勝3敗でスパーズを下し連覇を達成しました。

マイアミ・ヒート(2019-2020シーズン)

スリーキングス解体後、長らく低迷期に入っていたヒートですが、2019-2020シーズンは一味違いました。

シーズン開幕前にオールラウンダーのジミー・バトラーを獲得。

円熟期を迎えたバトラーを筆頭に、バム・アデバヨやダンカン・ロビンソンなど若い選手も成長著しく、44勝29敗の東カンファレンス5位でレギュラーシーズンを終えました。

優勝候補ではなかったヒートですが、ペイサーズ、バックスをほとんど寄せ付けず快勝。

カンファレンスファイナルでもセルティックスを4勝2敗で退け、NBAファイナルへ進出しました。

NABファイナルではフランク・ヴォーゲルヘッドコーチとレブロン・ジェームズ擁するレイカーズと対戦。

2勝4敗で惜しくも優勝を逃しましたが、大健闘のシーズンとなりました。

エリック・スポールストラの教え子は?

エリック・スポールストラの教え子として有名な選手をまとめました。

ドウェイン・ウェイド

2000年代2010年代のヒートの顔として長らくプレーしたレジェンドがドウェイン・ウェイドです。

2003-2004シーズンにヒートへ入団後、2015-2016シーズンまで得意のドライブと勝負強さを武器にチームを牽引し3度のNBAチャンピオンをヒートにもたらしました。

一度は移籍したものの、2017-2018シーズンにはヒートへ戻り翌年引退しました。

ウェイドとエリック・スポールストラはスポールストラがヒートのアシスタントコーチをしていた2003年から15年共にヒートを引っ張っていました。

ユドニス・ハスレム

ヒート一筋18年の大ベテラン、ユドニス・ハスレム。

ドラフト外からのヒート入団となりましたが、ウェイドと同じく2003年からヒートへ加入し、縁の下の力持ちとして3度のNBAチャンピオンに貢献しました。

リバウンダーとして長らくゴール下を守っているハスレムですが、近年はほぼ試合出場がなくチームの精神的支柱として在籍しています。

マリオ・チャルマーズ

ウェイドに加え、レブロン・ジェームズ、クリス・ボッシュを擁して4年連続のNBAファイナル進出、2度のチャンピオンリング獲得に貢献したガードがマリオ・チャルマーズでした。

ビック3の影に隠れていましたが、生え抜きのPGとしてチームをコントロールし安定感を与えていました。

エリック・スポールストラの下ヒートには2008-2009から7年間在籍していました。

バム・アデバヨ

ここまで紹介してきた選手たちはビック3時代に活躍してきた選手でしたが、現在のヒートにおいて大事な役割を果たしているのが、バム・アデバヨです。

カレッジバスケ界の名門ケンタッキー大学から2017年にヒートへ加入したアデバヨは、1年目からレギュラーシーズン60試合以上に出場。

NBAファイナルへ進出した2019-2020シーズンも主力としてプレーし、現在のヒートを象徴する選手に成長しています。

エリック・スポールストラ以外のNBAを代表する監督は?

エリック・スポールストラ以外にもNBAには名将と呼ばれる監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

グレッグ・ポポヴィッチ

グレッグ・ポポヴィッチは、NBAの長い歴史の中でも屈指の監督の一人です。

スパーズを25年以上率いて長きに渡り常勝軍団を作り上げてきた名将ですが、チームのロスターに合わせた戦術を用いることで有名です。

在籍する選手たちの長所を見極めてオフェンス、ディフェンスに活かすことで数々の勝利を積み重ねてきました。

スティーブ・カー

スティーブ・カーは、NBAを代表する監督の一人です。

ステファン・カリーとクレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズを中心にスモールラインナップを並べ、アウトサイドからガンガンと3Pを狙っていきます。

エリック・スポールストラが監督したチーム最後に

エリック・スポールストラは、年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、興味のある方はエリック・スポールストラの今後の活躍に期待してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です