サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

モンティ・ウィリアムズが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

モンティ・ウィリアムズ
モンティ・ウィリアムズは、現役のNBA監督です。

ですが、
・モンティ・ウィリアムズってどんな人?
・モンティ・ウィリアムズが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はモンティ・ウィリアムズが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

モンティ・ウィリアムズの基本情報

モンティ・ウィリアムズはバージニア州出身のNBA監督です。

名前 タバレス・モンゴメリー・”モンティ”・ウィリアムズ(Tavares Montgomery “Monty” Williams)
出身 アメリカ バージニア州フレデリックスバーグ
生年月日 1971年10月8日

ノートルダム大学出身

ノートルダム大学-img
モンティ・ウィリアムズはフットボールの名門ノートルダム大学出身です。

バスケチームもNCAAトーナメントの常連チームとして名を馳せています。

モンティ・ウィリアムズはSFとしてプレーし、最上級生として挑んだシーズンにはオールアメリカンチームに選ばれるほどの活躍でした。

選手としての実績

モンティ・ウィリアムズは、NBAでSFとしてプレーしました。

キャリアを通じてベンチスタートが多いプロ生活でしたが、ポポビッチ率いるサンアントニオ・スパーズでは、しばしばスタメンで起用されるなど重宝されていました。

9年間で合計6チームを渡り歩き、最後はフィラデルフィア・76ersでキャリアを終えています。

NBA通算258勝

モンティ・ウィリアムズは2021-2022シーズン開幕前の時点でヘッドコーチとしてNBAレギュラーシーズン通算258勝を記録しています。

今後さらに勝利数を伸ばすことが期待されます。

順位 RS通算勝利数 ヘッドコーチ名 主なチーム
1位 1,335勝 ドン・ネルソン バックス、ウォリアーズなど
2位 1,332勝 レニー・ウィルケンズ スーパーソニックス、キャブスなど
3位 1,310勝 グレッグ・ポポヴィッチ スパーズ
4位 1,221勝 ジェリー・スローン ブルズ、ジャズ
5位 1,210勝 パットライリー レイカーズ、ヒートなど
6位 1,175勝 ジョージ・カール スーパーソニックス、ナゲッツなど
7位 1,155勝 フィル・ジャクソン ブルズ、
8位 1,098勝 ラリー・ブラウン 76ers、ピストンズなど
9位 1,042勝 リック・アデルマン ブレイザーズ、キングスなど
10位 992勝 ドック・リバース セルティックス、76ersなど

モンティ・ウィリアムズが監督したチーム一覧

期間 チーム 役割
2005-2010年 ポートランド・トレイルブレイザーズ アシスタントコーチ
2010-2015年 ニューオリンズ・ペリカンズ(旧ホーネッツ) ヘッドコーチ
2015-2016年 オクラホマシティ・サンダー アシスタントコーチ
2018-2019 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ アシスタントコーチ
2019-現在 フェニックス・サンズ ヘッドコーチ

現在はサンズのヘッドコーチ

モンティ・ウィリアムズは2019-2020シーズンから、新たにフェニックス・サンズのヘッドコーチに就任しました。

再建をめざすサンズの就任1年目は負け越しに終わりましたが、2020-2021シーズンは好調を維持していますのでサンズの躍進に期待しましょう。

NBAファイナル出場経験あり

モンティ・ウィリアムズは2020-2021シーズンにサンズを率いてNBAファイナルに到達しました。

惜しくもチャンピオンリングは逃しまたが、今後に期待しましょう。

NBAファイナル優勝経験のある現役ヘッドコーチ

2021年現在、現役のNBAヘッドコーチでNBAチャンピオンの経験があるのは下記のコーチ達です。

ヘッドコーチ名 優勝回数 優勝チーム
グレッグ・ポポヴィッチ 5回 スパーズ
スティーブ・カー 3回 ウォリアーズ
エリック・スポールストラ 2回 ヒート
マイク・ビューデンホルツァー 1回 バックス
リック・カーライル 1回 マーベリックス
ティロン・ルー 1回 キャバリアーズ
ドック・リバース 1回 セルティックス
ニック・ナース 1回 ラプターズ
フランク・ヴォーゲル 1回 レイカーズ

モンティ・ウィリアムズが監督した完成度の高いチーム

モンティ・ウィリアムズが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

ニューオリンズ・ホーネッツ(2010-2011シーズン)

モンティ・ウィリアムズがニューオリンズ・ホーネッツ(その後ペリカンズに改名)を率いた中で最も完成度が高かったのが就任1年目の2010-2011シーズンでした。

リーグ屈指の司令塔PGクリス・ポールと同じくリーグ屈指のPFデビット・ウェストのコンビを中心にしたオフェンスでシーズン46勝をマークし、第7シードでプレイオフへ突入。

ファーストラウンドでレイカーズの前に散り、これがポールとウェストのコンビが戦った最後のシーズンとなりました。

フェニックス・サンズ(2020-2021シーズン)

再建期に入ってすっかりドアマットチームと化していたフェニックス・サンズですが、2020-2021はシーズン序盤から好調を維持。

サンズのヘッドコーチ2年目となるモンティ・ウィリアムズがついにNBAファイナルに到達しました。

2020-2021の主力メンバーは、リーグ屈指スコアラーに成長したシューター、デビン・ブッカーや成長過程の怪物ディアンドレ・エイトンといった若き才能たちに加えて、ホーネッツ初年度以来の共闘となったベテランPGクリス・ポールとバランスの良い布陣となっています。

モンティ・ウィリアムズの教え子は?

モンティ・ウィリアムズの教え子として有名な選手をまとめました。

クリス・ポール

モンティ・ウィリアムズ率いるホーネッツ初年度の大黒柱だったクリス・ポール。

10年の時を経て、サンズを舞台に再びタッグを組むことになりました。

クリス・ポールには優秀の美を飾って欲しいものです。

デビン・ブッカー

躍進中のフェニックス・サンズを牽引するエースがデビン・ブッカーです。

長らく低迷が続いたサンズに置いて5年連続シーズン平均20P以上をマークするブッカーですが、2019-2020シーズンからモンティ・ウィリアムズとともにプレイオフを目指して奮闘しています。

サンズになくてはならない選手ですので、更なる成長を期待したいです。

ドリュー・ホリデー

ドリュー・ホリデーは2013年から2年間、ニューオーリンズ・ペリカンズでモンティ・ウィリアムズの下PGのスターターとしてプレーしています。

2020-2021シーズンでは、NBAファイナルでバックスの一員としてモンティ・ウィリアムズと相対しています。

アンソニー・デイビス

今やレイカーズの顔となったアンソニー・デイビスですが、ルーキーイヤーの2012-2013シーズンから3年間はホーネッツでモンティ・ウィリアムズの下プレーしています。

プロとしてのスタートをともに過ごした二人の再タッグが5-10年後にあるかもしれません。

モンティ・ウィリアムズ以外のNBAを代表する監督は?

モンティ・ウィリアムズ以外にもNBAには名将と呼ばれる監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

グレッグ・ポポヴィッチ

グレッグ・ポポヴィッチは、NBAの長い歴史の中でも屈指の監督の一人です。

スパーズを25年以上率いて長きに渡り常勝軍団を作り上げてきた名将ですが、チームのロスターに合わせた戦術を用いることで有名です。

在籍する選手たちの長所を見極めてオフェンス、ディフェンスに活かすことで数々の勝利を積み重ねてきました。

スティーブ・カー

スティーブ・カーは、NBAを代表する監督の一人です。

ステファン・カリーとクレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズを中心にスモールラインナップを並べ、アウトサイドからガンガンと3Pを狙っていきます。

モンティ・ウィリアムズが監督したチーム最後に

モンティ・ウィリアムズは、これまで様々なチームを率いてきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はモンティ・ウィリアムズの今後の活躍に期待してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です