サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

ドック・リバースが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

ドック・リバースが監督したチームや教え子まとめ-img
ドック・リバースは、現役のNBA監督です。

ですが、
・ドック・リバースってどんな人?
・ドック・リバースが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はドック・リバースが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

ドック・リバースの基本情報

ドック・リバースはシカゴ出身のNBA監督です。

名前 グレン・アントン・リバース(Glenn Anton Rivers)
愛称 ドック・リバース (Doc Rivers)
出身 アメリカ イリノイ州・シカゴ
生年月日 1961年10月13日

選手としての実績

ドック・リバースは、選手としても評価を受けたガードでした。

アトランタ・ホークスに入団し、若くして先発ポイントガードの座を獲得しています。

ホークスには8年間在籍し、その後3球団を渡歩き引退しました。

NBA通算992勝

ドック・リバースは2021-2022シーズン開幕前の時点でヘッドコーチとしてNBAレギュラーシーズン通算992勝を記録しています。

この数字は歴代10位の高記録ですが、今後さらに勝利数を伸ばすことが期待されます。

順位 RS通算勝利数 ヘッドコーチ名 主なチーム
1位 1,335勝 ドン・ネルソン バックス、ウォリアーズなど
2位 1,332勝 レニー・ウィルケンズ スーパーソニックス、キャブスなど
3位 1,310勝 グレッグ・ポポヴィッチ スパーズ
4位 1,221勝 ジェリー・スローン ブルズ、ジャズ
5位 1,210勝 パットライリー レイカーズ、ヒートなど
6位 1,175勝 ジョージ・カール スーパーソニックス、ナゲッツなど
7位 1,155勝 フィル・ジャクソン ブルズ、
8位 1,098勝 ラリー・ブラウン 76ers、ピストンズなど
9位 1,042勝 リック・アデルマン ブレイザーズ、キングスなど
10位 992勝 ドック・リバース セルティックス、76ersなど

ドック・リバースが監督したチーム一覧

期間 チーム 役割
1999-2003年 オーランド・マジック ヘッドコーチ
2004-2013年 ボストン・セルティックス ヘッドコーチ
2013-2020年 ロサンゼルス・クリッパーズ 監督
2020- フィラデルフィア・セブンティシクサーズ 監督

現在は76ersヘッドコーチ

ドック・リバースは2019-2020シーズン終了時にクリッパーズを退団し、新たにフィラデルフィア・セブンティシクサーズのヘッドコーチに就任しました。

76ersの躍進に期待しましょう。

NBAファイナル制覇経験あり

スティーブ・ナッシュはセルティックスを率いてNBAファイナルへ進出しチャンピオンに輝いた経験を持っています。

現在率いる76ersでもNBAファイナルへ進出できる力はありますので、今後に期待しましょう。

NBAファイナル優勝経験のある現役ヘッドコーチ

2021年現在、現役のNBAヘッドコーチでNBAチャンピオンの経験があるのは下記のコーチ達です。

ヘッドコーチ名 優勝回数 優勝チーム
グレッグ・ポポヴィッチ 5回 スパーズ
スティーブ・カー 3回 ウォリアーズ
エリック・スポールストラ 2回 ヒート
マイク・ビューデンホルツァー 1回 バックス
リック・カーライル 1回 マーベリックス
ティロン・ルー 1回 キャバリアーズ
ドック・リバース 1回 セルティックス
ニック・ナース 1回 ラプターズ
フランク・ヴォーゲル 1回 レイカーズ

ドック・リバースが監督した完成度の高いチーム

ドック・リバースが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

ボストン・セルティックス(2007-2008シーズン)

ドック・リバースが名将として認知されたのは、ボストン・セルティックスを率いてNBAチャンピオンに輝いた2007-2008シーズンです。

2007-2008シーズンはセルティックスの生え抜きスター、ポール・ピアースに加えて、勝てないチームのエースと揶揄されていたケビン・ガーネット、レイ・アレンが加入し、「ビッグスリー」を形成しました。

ビッグスリーの活躍によりレギュラーシーズンはチーム歴代最高勝率.805を達成し、NBAファイナルでも最大のライバルであるロサンゼルス・レイカーズを下して優勝しました。

当時の主力メンバーは、ビッグスリーのほか若き司令塔レイジョン・ロンドやセンターのケンドリック・パーキンス、ベンチスタートとから奮闘するジェームス・ポージーなど実力者揃いでした。

ロサンゼルス・クリッパーズ(2014-2015シーズン)

ドック・リバースは、2013年にドラフト指名権と引き換えにトレードとなり、ロサンゼルス・クリッパーズの監督に就任しました。

就任から2年連続でカンファレンスセミファイナルまで進出しました。

当時の主力メンバーは、リーグ屈指のプレイメイカーであるクリス・ポールや驚異的な跳躍力でダンクを量産するブレイク・グリフィン、リバウンド力が売りのデアンドレ・ジョーダン、いぶし銀の活躍が光る3PシューターJ.J.レディックなどリーグ屈指のロスターでした。

ドック・リバースの戦術

ドック・リバースは現役時代PGとしてNBAで戦っていたこともあり、複数のスター選手を並び立たせることを得意としています。

ただし、自由度が高いあまりに戦術的なチームと相対すると苦戦するケースもあります。

ドック・リバース以外のNBAを代表する監督は?

ドック・リバース以外にもNBAには名将と呼ばれる監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

グレッグ・ポポヴィッチ

グレッグ・ポポヴィッチは、NBAの長い歴史の中でも屈指の監督の一人です。

スパーズを25年以上率いて長きに渡り常勝軍団を作り上げてきた名将ですが、チームのロスターに合わせた戦術を用いることで有名です。

在籍する選手たちの長所を見極めてオフェンス、ディフェンスに活かすことで数々の勝利を積み重ねてきました。

スティーブ・カー

スティーブ・カーは、NBAを代表する監督の一人です。

ステファン・カリーとクレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズを中心にスモールラインナップを並べ、アウトサイドからガンガンと3Pを狙っていきます。

ドック・リバースが監督したチーム最後に

ドック・リバースは、これまで様々なチームを率いてきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はドック・リバースの今後の活躍に期待してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です