東京オリンピックの日本代表監督まとめ

クイン・スナイダーが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

クイン・スナイダー
クイン・スナイダーは、現役のNBA監督です。

ですが、
・クイン・スナイダーってどんな人?
・クイン・スナイダーが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はクイン・スナイダーが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

クイン・スナイダーの基本情報

クイン・スナイダーはワシントン州出身のNBA監督です。

名前 クイン・プライス・スナイダー(Quin Price Snyder)
出身 ワシントン州マーサーアイランド
生年月日 1966年9月30日

デューク大学出身

クイン・スナイダーは大学バスケ界の超名門デューク大学でプレーしていました。

4年間ポイントガードとしてプレーし、数々のタイトルを獲得しています。

クイン・スナイダーがコーチとして携わったチーム一覧

期間 チーム 役割
1992-1993年 ロサンゼルス・クリッパーズ アシスタントコーチ
1993-1999年 デューク大学 アシスタントコーチ
1999-2006年 ミズーリ大学 ヘッドコーチ
2007-2010年 オースティン・トロス ヘッドコーチ
2010-2011年 フィラデルフィア・76ers アシスタントコーチ
2011-2012年 ロサンゼルス・レイカーズ アシスタントコーチ
2012-2013年 PBC CSKAモスクワ アシスタントコーチ
2013-2014年 アトランタ・ホークス アシスタントコーチ
2014-現在 ユタ・ジャズ ヘッドコーチ

現在はジャズのヘッドコーチ

クイン・スナイダーは2014-2015シーズンからユタ・ジャズのヘッドコーチに就任しました。

2020-2021シーズンはジャズの躍進が注目を浴びています。

クイン・スナイダーが監督した完成度の高いチーム

クイン・スナイダーが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

ユタ・ジャズ(2016-2017シーズン)

クイン・スナイダーがジャズを率いて最もNBAチャンピオンに近づいたのは2016-2017シーズンでした。

2016-2017シーズンは生え抜きエース、ゴードン・ヘイワードや売り出し中のルディ・ゴベール、ベテランガードのジョージ・ヒルなど粒揃いのメンバーでした。

主力選手の活躍によりレギュラーシーズンは51勝31敗の成績で5位通過し、プレイオフファーストラウンドではクリッパーズを撃破しました。

カンファレンスセミファイナルでは当時最強を誇っていたウォリアーズにスイープされたものの、可能性を感じるシーズンでした。

クイン・スナイダーの教え子は?

クイン・スナイダーの教え子として有名な選手をまとめました。

ドノバン・ミッチェル

ユタ・ジャズの現エース,SGドノバン・ミッチェルは2017年にジャズへ入団してからクイン・スナイダーの重要な選手として重宝されています。

抜群の得点感覚に加えて、爆発力も併せ持つミッチェルは今後もクイン・スナイダーとともにジャズを引っ張っていく存在と言えます。

ゴードン・ヘイワード

クイン・スナイダー率いるジャズの初期を引っ張っていたのが生え抜きエース、ゴードン・ヘイワードでした。

セルティックスを経て現在はホーネッツに所属していますが、スナイダーとともに戦った3年間は、シュートレンジが広くどこからでも点が取れるエースフォワードとして活躍していました。

クイン・スナイダー以外のNBAを代表する監督は?

クイン・スナイダー以外にもNBAには名将と呼ばれる監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

スティーブ・カー

スティーブ・カーは、NBAを代表する監督の一人です。

ステファン・カリーとクレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズを中心にスモールラインナップを並べ、アウトサイドからガンガンと3Pを狙っていきます。

ドック・リバース

セルティックスやクリッパーズを率いて常に常勝軍団を作ってきたのが名将ドック・リバースです。

リバースは特に複数のスター選手を並び立たせることを得意としています。

クイン・スナイダーが監督したチーム最後に

クイン・スナイダーは、これまで様々なチームを率いてきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はクイン・スナイダーの今後の活躍に期待してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です