サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

フランク・ヴォーゲルが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

フランク・ヴォーゲル
フランク・ヴォーゲルは、現役のNBA監督です。

ですが、
・フランク・ヴォーゲルってどんな人?
・フランク・ヴォーゲルが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はフランク・ヴォーゲルが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

フランク・ヴォーゲルの基本情報

フランク・ヴォーゲルはフロリダ州出身のNBA監督です。

名前 フランク・ポール・ヴォーゲル(Frank Paul Vogel)
出身 アメリカ フロリダ州ペンサコーラ
生年月日 1973年6月21日

選手としての実績

フランク・ヴォーゲルは、3部相当に所属するジュニアータ大学のバスケットボールチームでプレーしていました。

その後、大学バスケ界の最高峰でありスター軍団のケンタッキー大学へ転校し、選手ではなく学生マネージャーとなっています。

NBA通算398勝

フランク・ヴォーゲルは2021-2022シーズン開幕前の時点でヘッドコーチとしてNBAレギュラーシーズン通算398勝を記録しています。

今後さらに勝利数を伸ばすことが期待されます。

順位 RS通算勝利数 ヘッドコーチ名 主なチーム
1位 1,335勝 ドン・ネルソン バックス、ウォリアーズなど
2位 1,332勝 レニー・ウィルケンズ スーパーソニックス、キャブスなど
3位 1,310勝 グレッグ・ポポヴィッチ スパーズ
4位 1,221勝 ジェリー・スローン ブルズ、ジャズ
5位 1,210勝 パットライリー レイカーズ、ヒートなど
6位 1,175勝 ジョージ・カール スーパーソニックス、ナゲッツなど
7位 1,155勝 フィル・ジャクソン ブルズ、
8位 1,098勝 ラリー・ブラウン 76ers、ピストンズなど
9位 1,042勝 リック・アデルマン ブレイザーズ、キングスなど
10位 992勝 ドック・リバース セルティックス、76ersなど

フランク・ヴォーゲルが監督したチーム一覧

ヘッドコーチ
期間 チーム 役割
2001-2004年 ボストン・セルティックス アシスタントコーチ
2004-2005年 フィラデルフィア・76ers アシスタントコーチ
2007-2011年 インディアナ・ペイサーズ アシスタントコーチ
2011-2016年 インディアナ・ペイサーズ
2016-2018年 オーランド・マジック ヘッドコーチ
2019-現在 ロサンゼルス・レイカーズ ヘッドコーチ

現在はレイカーズヘッドコーチ

フランク・ヴォーゲルは2019-2020シーズンから名門レイカーズのヘッドコーチに就任しました。

就任1年目の2019-2020シーズンはNBAチャンピオンに輝いています。

NBAファイナル制覇経験あり

フランク・ヴォーゲルはレイカーズのヘッドコーチとしてNBAファイナルを制覇した経験をもっています。

NBAファイナル優勝経験のある現役ヘッドコーチ

2021年現在、現役のNBAヘッドコーチでNBAチャンピオンの経験があるのは下記のコーチ達です。

ヘッドコーチ名 優勝回数 優勝チーム
グレッグ・ポポヴィッチ 5回 スパーズ
スティーブ・カー 3回 ウォリアーズ
エリック・スポールストラ 2回 ヒート
マイク・ビューデンホルツァー 1回 バックス
リック・カーライル 1回 マーベリックス
ティロン・ルー 1回 キャバリアーズ
ドック・リバース 1回 セルティックス
ニック・ナース 1回 ラプターズ
フランク・ヴォーゲル 1回 レイカーズ

フランク・ヴォーゲルが監督した完成度の高いチーム

フランク・ヴォーゲルが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

ペイサーズ(2013-2014シーズン)

フランク・ヴォーゲルが名将として認知されはじめたのは、インディアナ・ペイサーズを率いていた時でした。

2010-2011シーズンに主任後4年連続でプレイオフに進出、2013-2014シーズンは2年連続でカンファレンスファイナルまで勝ち上がりました。

レブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュのビッグスリーを形成するマイアミ・ヒートの前に2年連続で敗退しNBAファイナルを逃しましたが、強力なチーム構成でした。

当時の主力メンバーは、伸び盛りのエースFポール・ジョージを筆頭に、爆発力のあるSGランス・スティーブンソン、オールラウンダーのジョージ・ヒル、ベテランFデビット・ウウェストに屈強なCロイ・ヒバートなどスターター5人全員が実力者でした。

レイカーズ(2019-2020シーズン)

オーランド・マジックでの不振から一転して2019-2020シーズンはフランク・ヴォーゲルの年となりました。

2019-2020シーズンは名門ロサンゼルス・レイカーズのヘッドコーチに就任。

レブロン・ジェームズとアンソニー・デービスというリーグ屈指のデュオを中心にレギュラーシーズンを勝ちまくり、52勝19敗のウエスタンカンファレンス1位でプレーオフへ進出。

プレーオフでも終始危なげない戦いを披露し、フランク・ヴォーゲルは悲願のNBAチャンピオンを達成しました。

主力メンバーは、衰え知らずのキング、レブロン・ジェームズを筆頭に、圧倒的なオフェンス力を誇るアンソニー・デービス、ベテランのダニー・グリーンやジャベール・マギー、元オールスター選手のレイジョン・ロンドやドワイト・ハワードなど実力者揃いのスターチームでした。

フランク・ヴォーゲルの戦術

フランク・ヴォーゲルはペイサーズ時代、守備重視の戦術を得意としていました。

またいち早くストレッチ5を取り入れるなど柔軟な采配も持ち合わせています。

レイカーズのヘッドコーチ就任後は、スター選手をうまく束ねる人身掌握術も評価を得ています。

フランク・ヴォーゲル以外のNBAを代表する監督は?

フランク・ヴォーゲル以外にもNBAには名将と呼ばれる監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

グレッグ・ポポヴィッチ

グレッグ・ポポヴィッチは、NBAの長い歴史の中でも屈指の監督の一人です。

スパーズを25年以上率いて長きに渡り常勝軍団を作り上げてきた名将ですが、チームのロスターに合わせた戦術を用いることで有名です。

在籍する選手たちの長所を見極めてオフェンス、ディフェンスに活かすことで数々の勝利を積み重ねてきました。

スティーブ・カー

スティーブ・カーは、NBAを代表する監督の一人です。

ステファン・カリーとクレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズを中心にスモールラインナップを並べ、アウトサイドからガンガンと3Pを狙っていきます。

フランク・ヴォーゲルが監督したチーム最後に

フランク・ヴォーゲルは、これまで様々なチームを率いてきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はフランク・ヴォーゲルの今後の活躍に期待してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です