東京オリンピックの日本代表監督まとめ

ディレクターズ・カット版とは?見方や意味など詳しく解説

ディレクターズ・カット版とは-img

「あの大ヒット映画のディレクターズ・カット版?」
映画用語としてよく聞くディレクターズ・カット版。

ですが、
・ディレクターズ・カット版の意味は?
・日本語でなんて言うの?
・ディレクターズ・カット版は観た方がいいの?
など疑問を持っている方も多いでしょう。

そこで、今回は映画のディレクターズ・カット版について解説していきます。

ディレクターズ・カット版とは?

ディレクターズ・カット版とは、プロデューサーによって編集された作品を映画公開後に改めて監督が自ら未公開映像などを追加して再編集した作品を指します。

ディレクターズ・カット版を英語にすると?

ディレクターズ・カット版は英語に変換すると「Director’s Cut」となります。

海外映画の編集は監督に権限がない

海外の映画に関しては、監督に編集権限がないのが一般的です。

編集はプロデューサーが行いますので、監督が本来作品に含めたかったシーンもやむなくカットされてしまっています。

ディレクターズ・カット版は時間が長くなる

未公開シーンが含まれることの多いディレクターズ・カット版は、自ずと作品全体の時間が長くなります。

おすすめのディレクターズ・カット版映画

ここからはおすすめのディレクターズ・カット版映画を紹介していきます。

ミッドサマー ディレクターズ・カット版

ミッドサマーは2020年に公開されたアリ・アスター監督による大ヒットホラー映画です。

通常版ミッドサマーは上映時間147分でしたが、ディレクターズ・カット版ミッドサマーは170分と長編になっています。

ホラー映画好きには堪らない仕上がりになっていますので気になる方はチェックしてみましょう。

エイリアン ディレクターズ・カット版

エイリアンは1979年に公開されたリドリー・スコット監督によるSFパニック映画です。

そして、エイリアン ディレクターズ・カット版は2003年にリリースされました。

再編集された作品ですが、通常公開版117分に比べてディレクターズ・カット版は116分と短縮されています。

エクソシスト ディレクターズ・カット版

エクソシストは1973年に公開されたウィリアム・フリードキン監督による名作ホラー映画です。

エクソシスト/ディレクターズ・カット版は2000年にリリースされています。

世界中の人がホラー映画の代表作として認識している作品ですので、まだみたことない方はぜひディレクターズ・カット版を視聴してみてください。

ゾンビ ディレクターズ・カット版

ゾンビは1979年に公開されたジョージ・A・ロメロ監督によるホラー映画です。

ソンビのディレクターズ・カット版は1994年にリリースされています。

通常版が115分に対して、ディレクターズ・カット版は139分と未公開シーン盛り沢山の内容になっています。

ニュー・シネマ・パラダイス ディレクターズ・カット版

ニュー・シネマ・パラダイスは1988年に公開されたジュゼッペ・トルナトーレ監督によるヒューマンドラマです。

後世に残る名作として名高い作品ですが、2002年にディレクターズ・カット版もリリースされています。

通常版が155分、国際版が124分に対して、ディレクターズ・カット版は170分と未公開シーン盛り沢山の内容になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です