オマージュとは?意味や使い方を詳しく解説【保存版】

この記事は約2分で読めます。

オマージュとは?意味や使い方を詳しく解説

「あ!このシーンはあの作品のオマージュだね!」

映画用語としてよく使われるオマージュ。

ですが、
・オマージュの意味は?
・なんでオマージュって言うの?
・オマージュとパクリは何が違うの?
など疑問を持っている方も多いでしょう。

そこで、今回はオマージュについて解説していきます。

スポンサーリンク

オマージュとは?

オマージュは、尊敬する作品に敬意を評して同じテーマの作品やシーンを作ることを言います。

また、映画だけではなく、芸術や文学においても同様の表現が使われます。

スポンサーリンク

オマージュはフランス語が語源

オマージュは、フランス語の「hommage(オマージュ)」が語源です。

意味は「敬意」や「賞賛」です。

オマージュを英語にすると?

オマージュはフランス語が語源ですが、英語にすると「リスペクト」となります。

オマージュの類語は?

オマージュの類語は、「インスパイア」や「リスペクト」があります。

オマージュとインスパイアの違いは?

オマージュとインスパイアはほぼ同義語として使われています。

使い方にほとんど差はありますが、強いて言うならオマージュは意図的に尊敬する作品に似せたシーンを作ることで、インスパイアは意図していなかったが尊敬作品に引っ張られて自然と同じようなシーンができたことを指します。

オマージュとパロディの違いは?

パロディは、オリジナル作品に愛を持ってユーモアを足した表現をすることを指します。

誰もが知っている作品やシーン、登場人物などにユーモアを加えて面白くしているのがパロディです。

オマージュとパクリの違いは?

パクリは、オリジナルの作品やシーンをそのまま流用することを指します。

オリジナル作品にリスペクトを示さずそのまま使ったり、勝手に自分がオリジナルだと主張するのがパクリです。

コメント