サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

三谷幸喜が監督した映画まとめ【2021年最新】

三谷幸喜が監督した映画まとめ-img
三谷幸喜は、日本を代表する映画監督です。

ですが、
・三谷幸喜ってどんな人?
・三谷幸喜の代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回は三谷幸喜が監督した映画を紹介していきます。

三谷幸喜の基本情報

三谷幸喜は東京都出身の映画監督です。

名前 三谷幸喜(Mitani Koki)
出身 東京都世田谷区
生年月日 1961年7月8日

世田谷学園出身

三谷幸喜は、高校から世田谷学園高校に入学しています。

日本大学藝術学部出身

三谷幸喜は、日本大学藝術学部演劇学科を卒業しています。

三谷幸喜の嫁は?

三谷幸喜の奥様は、元女優yumaです。

三谷幸喜が監督した映画一覧

公開年 作品名 役割
1997年 ラヂオの時間 監督・原作・脚本
2001年 みんなのいえ 監督・脚本
2006年 THE 有頂天ホテル 監督・脚本
2008年 ザ・マジックアワー 監督・脚本
2011年 ステキな金縛り 監督・脚本
2013年 清須会議 監督・原作・脚本
2015年 ギャラクシー街道 監督・脚本
2019年 記憶にございません! 監督・脚本

三谷幸喜が監督したオススメ作品

三谷幸喜が監督したオススメ作品を紹介していきます。

THE 有頂天ホテル

THE 有頂天ホテルは2006年に三谷幸喜が監督・脚本を担当してコメディ映画です。

ホテル・アバンティで起こる様々な人たちの人間模様を描いたグランドホテル方式の作品であり、三谷幸喜が映画監督として名を全国に知らしめた作品でもあります。

ステキな金縛り

ステキな金縛りは、2011年に三谷幸喜が監督・脚本を担当してコメディ映画です。

殺人事件の弁護人を担当することになった主人公が、無罪を証明するための証人探しに奔走するが、唯一の証人は落武者の幽霊だったという奇想天外なストーリーです。

主演は深津絵里で、落武者の幽霊役を名優西田敏行が演じています。

記憶にございません!

記憶にございません!は2019年に三谷幸喜が監督・脚本を担当してコメディ映画です。

日本国民から不評を買っていた内閣総理大臣がある日突然記憶喪失になってしまった。

元は嫌われ者の総理大臣だったが記憶喪失で善人となってしまうという、周囲を巻き込んだドタバタコメディーになっています。

三谷幸喜が脚本・演出を手掛けたテレビドラマ一覧

三谷幸喜は元々テレビドラマの脚本や演出も手掛けていましたので、多くのヒット作を生み出しています。

公開年 作品名 役割
1986年 超少女!はるひワンダー愛 脚本
1988-1990年 やっぱり猫が好き 第1シリーズ 脚本
1990年 やっぱり猫が好き殺人事件 脚本
1990-1991年年 やっぱり猫が好き 第2シリーズ 脚本
1989年 東京ストーリーズ 脚本
1990年 子供、ほしいね 脚本
1990年 女ねずみ小僧 いけないことだぞ!大江戸マラソンばくち地獄 脚本
1991年 世にも奇妙な物語『息子帰る』 脚本
1991年 天国から北へ3キロ 演出・脚本
1992年 君たちがいて僕がいる 脚本
1994年 総務課長戦場を行く! 脚本
1993年 振り返れば奴がいる 脚本
1993年 ビートたけしのつくり方 演出・脚本
1994-2008年 警部補・古畑任三郎シリーズ 脚本
1994年 女ねずみ小僧 狙われたからくり城・史上最悪のダイハード 脚本
1995年 王様のレストラン 脚本
1996年 竜馬におまかせ! 脚本
1996-1997年 3番テーブルの客 脚本
1997年 総理と呼ばないで 脚本
1998年 今夜、宇宙の片隅で 脚本
2000年 合い言葉は勇気 脚本
2002-2003年 HR(エイチアール) 総合演出・脚本
2003年 川、いつか海へ(2,4話) 脚本
2004年 新選組! 脚本
2010年 わが家の歴史 脚本
2011年 short cut 監督・脚本
2011年 ステキな隠し撮り〜完全無欠のコンシェルジュ〜 監督・脚本
2013年 大空港2013 監督・脚本
2014年 おやじの背中(最終話) 脚本
2015年 オリエント急行殺人事件 脚本
2016年 真田丸 脚本
2018年 風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~ 脚本
2018年 黒井戸殺し 脚本
2020年 誰かが、見ている 演出・脚本
2022年 鎌倉殿の13人 演出・脚本

古畑任三郎シリーズ

古畑任三郎シリーズは、1994年から2008年までにかけて放送された三谷幸喜脚本による刑事ドラマシリーズです。

視聴者は、犯人の犯行がわかっている状態からスタートし、徐々に古畑が犯人を追い込んでいくという倒叙形式を取っている作品です。

誰かが、見ている

誰かが、見ているは、2020年に三谷幸喜が演出・脚本を務めたシチュエーションコメディです。

主演は香取慎吾。

この作品はAmazonプライムビデオで視聴することができます。

三谷幸喜以外の日本を代表する監督は?

三谷幸喜以外にも日本には傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

宮崎駿

宮崎駿は、日本を代表するアニメーション映画監督です。

千と千尋の神隠しやとなりのトトロなど、多くの日本人が一度は見たことある作品を製作してきました。

福田雄一

福田雄一も日本を代表する映画監督の一人です。

変態仮面や銀魂、今日から俺は!など、コメディ映画を得意としていますが、50回目のファーストキスのような恋愛ドラマも手掛けています。

園子温

園子温も、国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

冷たい熱帯魚やヒミズなどダークでディープな作品を手掛けてきた監督として有名で、映画好きの方の中には園子温監督のファンの方も多いですね。

三谷幸喜が監督した映画の最後に

三谷幸喜は、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も続々と新作映画を出してくことでしょう。

ですが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方は三谷幸喜の映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です