ティム・バートンが監督した映画まとめ【2021年最新】ファンタジー映画好きにオススメ

この記事は約4分で読めます。

ティム・バートンは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・ティム・バートンってどんな人?
・ティム・バートンの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はティム・バートンが監督した映画を紹介していきます。

スポンサーリンク

ティム・バートンの基本情報

ティム・バートンはアメリカ出身の映画監督です。

現在はイギリスのロンドンに在住しているようですが、元々はアメリカのカルフォルニア州で生まれました。

ティム・バートンの経歴を纏めました。

名前 ティム・バートン(Tim Burton)
出身 アメリカ カルフォルニア州
生年月日 1958年8月25日
職業 映画監督・演出家・プロデューサー・アニメーター・絵本作家
スポンサーリンク

ティム・バートンの監督作品一覧

ティム・バートンは、1978年から数々の映画を監督してきました。

まずは、ティム・バートンの作品を一覧に纏めましたので気になる方は確認してみましょう。

1982年 ヴィンセント
1984年 フランケンウィニー
1985年 ピーウィーの大冒険
1988年 ビートルジュース
1989年 バットマン
1990年 シザーハンズ
1992年 バットマン・リターンズ
1994年 エド・ウッド
1996年 マーズ・アタック!
1999年 スリーピー・ホロウ
2001年 PLANET OF THE APES/猿の惑星
2003年 ビッグ・フィッシュ
2005年 チャーリーとチョコレート工場
2005年 ティム・バートンのコープスブライド
2007年 スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
2010年 アリス・イン・ワンダーランド
2012年 ダーク・シャドウ
2012年 フランケンウィニー
2014年 ビッグ・アイズ
2016年 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
2019年 ダンボ

ティム・バートンの監督したおすすめ映画

ここからは、ティム・バートンが監督した映画の中で特におすすめな作品を紹介していきます。

チャーリーとチョコレート工場【2005年公開】

チャーリーとチョコレート工場は、ティム・バートンが2005年に監督したファンタジー映画です。

心優しい少年チャーリーがウィリー・ウィンカという謎に包まれたチョコレート工場で不思議な体験をしていく、というストーリーです。

この作品では、ウィリー・ウォンカ役に扮したジョニー・デップが話題になりました。

ジョニー・デップは、本作の2年前にパイレーツ・オブ・カリビアンに出演した際のジャック・スパロウ役として既に大人気でしたが、ジャックと全く異なるウォンカを見事に演じていたことから、彼の演技力がさらに評価された作品と言えるでしょう。

アリス・イン・ワンダーランド【2010年公開】

アリス・イン・ワンダーランドは2010年にティム・バートンが監督したファンタジー映画です。

おとぎ話の不思議の国のアリスを題材にし、その後の世界を描いた作品として製作されました。

また、この作品には、チャーリーとチョコレート工場と同じくジョニー・デップが出演しています。

ティム・バートンがジョニー・デップを重宝していたと言えるでしょう。

ティム・バートン以外のアメリカを代表する監督は?

ティム・バートン以外にもアメリカには傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

トッド・フィリップス

トッド・フィリップスもアメリカを代表する映画監督の一人です。

トッド・フィリップスは、これまでコメディ映画から衝撃のスリラー映画まで多彩な作品を手がけてきました。

最近では、2019年に監督したジョーカーが、特に印象的な監督です。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

ティム・バートンが監督した映画の最後に

ティム・バートンは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的なこともあり、今後も続々と新作映画を出してくことは考えずらいですが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はティム・バートンの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメント