サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

トッド・フィリップスが監督した映画まとめ【2021年最新】

トッド・フィリップスは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・トッド・フィリップスってどんな人?
・トッド・フィリップスの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はトッド・フィリップスが監督した映画を紹介していきます。

トッド・フィリップスの基本情報

トッド・フィリップスはアメリカ出身の映画監督です。

名前 トッド・フィリップス(Todd Phillips)
出身 アメリカ ニューヨーク ブルックリン区
生年月日 1970年12月20日

トッド・フィリップスの知名度は?

トッド・フィリップスは、ハングオーバーやジョーカーなど世界的大ヒット映画を手がけていますので、知名度は世界規模と言えるでしょう。

トッド・フィリップスの誕生日には、世界中のファンがお祝いメッセージを投稿しています。

https://twitter.com/natacontopping/status/1207907123977437189

トッド・フィリップスの監督作品一覧

公開年 作品名 担当
1994年 全身ハードコア GGアリン 監督・製作
1998年 Frat House 監督・製作
2000年 ビタースウィート・モーテル 監督・製作
2000年 ロード・トリップ 監督・脚本・出演
2003年 アダルト♂スクール 監督・製作・原案・脚本・出演
2004年 スタスキー&ハッチ 監督・脚本
2006年 恋愛ルーキーズ 監督
2009年 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 監督・製作・出演
2010年 デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜 監督・製作・脚本
2011年 ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える 監督・製作・脚本
2013年 ハングオーバー!!! 最後の反省会 監督・製作・脚本
2017年 ウォー・ドッグス 監督・製作・脚本
2019年 ジョーカー 監督・製作・脚本

トッド・フィリップスが監督したおすすめ作品

ここからはトッド・フィリップスが監督した作品の中でもオススメ作品を紹介していきます。

ジョーカー【2019年公開】

トッド・フィリップスのおすすめ映画として最初に上がるのは、何と言っても2019年の最高作品と言っても良いくらいの良作「ジョーカー」でしょう。

ジョーカーはバットマンの宿敵として、長年バットマン映画で最高のスパイスとなってきました。

本作は、そんなジョーカーにスポットを当て、あるひとりの男がジョーカーになるまでを描いた作品です。

主演は、ホアキン・フェニックス。見事にジョーカーを怪演しています。

ジョーカーはゴールデングローブ賞4部門にノミネート

ジョーカーはすでにゴールデングローブ賞4部門にノミネートされています。

  • 作品賞
  • 監督賞
  • 主演男優賞
  • 作曲賞

トッド・フィリップス以外のアメリカを代表する監督は?

トッド・フィリップス以外にもアメリカには傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

ティム・バートン

ティム・バートンもアメリカを代表する映画監督の一人です。

ティム・バートンは、これまでファンタジー映画を中心にヒット作を作ってきました。

また、多くの作品でジョニー・デップとタッグを組んでいることも特徴の一つです。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

トッド・フィリップスが監督した映画の最後に

トッド・フィリップスは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的にもまだまだ若く、今後も続々と新作映画を出してくことでしょう。

しかしながら、彼は既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はトッド・フィリップスの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です