東京オリンピックの日本代表監督まとめ

マーティン・スコセッシが監督した映画まとめ【2021年最新】イタリアンマフィアを描かせたら世界一!

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・マーティン・スコセッシってどんな人?
・マーティン・スコセッシの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はマーティン・スコセッシが監督した映画を紹介していきます。

マーティン・スコセッシの基本情報

マーティン・スコセッシはアメリカ出身の映画監督です。

名前 マーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)
出身 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
生年月日 1942年11月17日

タクシードライバー

1977年にマーティン・スコセッシが監督したタクシードライバー。

今なお語り継がれる名作中の名作です。

主演は、本作以降もマーティン・スコセッシと何度もタッグを組むロバート・デ・ニーロ。

ストーリーは、ニューヨークの夜をあてもなく走る走るタクシードライバーをロバート・デ・ニーロが演じ、現代社会に潜む狂気と混乱を描いています。

ディパーテッド

ディパーテッドは、2006年にマーティン・スコセッシが監督したサスペンス映画です。

元は、香港で大ヒットした映画「インファナル・アフェア」。

警察からマフィアに潜入した捜査官とマフィアから警察に潜入した内通者が描かれています。

この作品でマーティン・スコセッシは、第79回アカデミー賞作品賞を受賞しました。

ウルフ・オブ・ウォールストリート

ウルフ・オブ・ウォールストリートは2013年にマーティン・スコセッシが監督したコメディ映画です。

実在した株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの破天荒な人生を描いた作品です。

このジョーダン・ベルフォートを演じたのがレオナルド・ディカプリオ。

マーティン・スコセッシとレオナルド・ディカプリオのタッグは今作で5回目となっていました。

マーティン・スコセッシは名言でも有名

マーティン・スコセッシは、数々の名言を残してきたことでも有名です。

「やり方は3つしかない。正しいやり方。間違ったやり方。そして俺のやり方、だ。」
最も個人的なことが最もクリエイティブなことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です