東京オリンピックの日本代表監督まとめ

スタンリー・キューブリックが監督した映画まとめ【保存版】

スタンリー・キューブリックは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・スタンリー・キューブリックってどんな人?
・スタンリー・キューブリックの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はスタンリー・キューブリックが監督した映画を紹介していきます。

スタンリー・キューブリックの基本情報

スタンリー・キューブリックはアメリカ出身の映画監督です。

名前 スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)
出身 アメリカ ニューヨーク州マンハッタン
生年月日 1928年7月26日
没年 1999年3月7日

スタンリー・キューブリックの死因は?

スタンリー・キューブリックは、1999年に亡くなっています。

その死因は、発作要因不明の心臓発作とされています。

スタンリー・キューブリックが監督した映画一覧

公開年 作品名 役職
1951年 拳闘試合の日 脚本・製作・撮影
1951年 空飛ぶ牧師 脚本・撮影
1952年 恐怖と欲望 製作・撮影・編集
1952年 海の旅人たち 撮影・編集
1955年 非情の罠 脚本・製作・撮影・編集
1956年 現金に体を張れ 脚本・製作
1957年 突撃 脚本・製作
1960年 スパルタカス
1962年 ロリータ 脚本・製作
1964年 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか 脚本・製作
1968年 2001年宇宙の旅 脚本・製作
1971年 時計じかけのオレンジ 脚本・製作<
1975年 バリー・リンドン 脚本・製作
1980年 シャイニング 脚本・製作
1987年 フルメタル・ジャケット 脚本・製作
1999年 アイズ ワイド シャット 脚本・製作

スタンリー・キューブリックのおすすめ作品

ここからはスタンリー・キューブリックが監督したおすすめ作品を紹介していきます。

2001年宇宙の旅

2001年宇宙の旅は、1968年に公開されたスタンリー・キューブリックのSF映画です。

傑作SF映画といえば、この作品を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

時計じかけのオレンジ

時計じかけのオレンジは、1971年に公開されたスタンリー・キューブリックによるSF映画です。

アンソニー・バージェス著の同名小説を原作としています。

映画史に残る名作として現在も語り継がれていますが、露骨な暴力表現が多いので、ある程度覚悟して鑑賞することをおすすめします。

フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケットは、1987年に公開された戦争映画です。

ベトナム戦争当時の過酷さと狂気を描いており、スタンリー・キューブリックが生み出した名作の一つとして今でも有名な作品です。

スタンリー・キューブリック以外のアメリカを代表する監督は?

スタンリー・キューブリック以外にもアメリカには傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

ティム・バートン

ティム・バートンもアメリカを代表する映画監督の一人です。

ティム・バートンは、これまでファンタジー映画を中心にヒット作を作ってきました。

また、多くの作品でジョニー・デップとタッグを組んでいることも特徴の一つです。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

スタンリー・キューブリックが監督した映画の最後に

スタンリー・キューブリックは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

残念ながらすでにこの世を去っていますが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はスタンリー・キューブリックの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です