東京オリンピックの日本代表監督まとめ

ベン・アフレックが監督した映画まとめ【2021年最新】

ベン・アフレックは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・ベン・アフレックってどんな人?
・ベン・アフレックの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はベン・アフレックが監督した映画を紹介していきます。

ベン・アフレックの基本情報

ベン・アフレックはアメリカ出身の映画監督です。

名前 ベン・アフレック(Ben Affleck)
出身 アメリカ カリフォルニア州
生年月日 1972年8月15日

ベン・アフレックが監督した映画一覧

公開年 作品名 役職
2007年 ゴーン・ベイビー・ゴーン 監督・脚本・製作
2010年 ザ・タウン 監督・脚本・製作・主演
2012年 アルゴ 監督・製作・主演
2017年 夜に生きる 監督・脚本・製作・主演

ベン・アフレックが監督したおすすめ作品

ベン・アフレックが監督したおすすめ作品を紹介していきます。

アルゴ

アルゴは2012年にベン・アフレックが監督・製作・主演を勤めたサスペンス映画です。

この作品でベン・アフレックは、第85回アカデミー賞作品賞を受賞しています。

1979年から1980年にかけてイランでおきた実際の人質事件を題材としているため、作品を観ている内にどんどんと当時の情景に引き込まれていきます。

ザ・タウン

ザ・タウンは2010年にベン・アフレックが監督・脚本・製作・主演を勤めたクライムサスペンスです。

チャック・ホーガンの小説「強盗こそ、われらが宿命」を原作として、ベン・アフレックが強盗団のリーダー役として主演しています。

ベン・アフレックは俳優としても活躍

いくつもの作品を監督として作り上げてきたベン・アフレックですが、俳優としても多くの作品に出演しています。

公開年 作品名 役名
1981年 The Dark End of the Street 少年
1984年 The Voyage of the Mimi C・T・グランヴィル
1992年 バッフィ/ザ・バンパイア・キラー プレイヤー10
※カメオ出演
1992年 青春の輝き チェスティ・スミス
1993年 バッド・チューニング フレッド・オバニオン
1995年 モール・ラッツ シャノン・ハミルトン
1997年 インディアナポリスの夏/青春の傷痕 トム・“ガナー”・カッセルマン
1997年 チェイシング・エイミー ホールデン・マクニール
1997年 グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち チャッキー・サリヴァン
1998年 ファントム シェリフ・ブライス・ハモンド
1998年 アルマゲドン A・J・フロスト
1998年 恋におちたシェイクスピア ネッド・アレン
1999年 200本のたばこ バーテンダー
1999年 恋は嵐のように ベン・ホームズ
1999年 ドグマ バートルビー
2000年 マネー・ゲーム ジム・ヤング
2000年 レインディア・ゲーム ルディ・ダンカン
2000年 偶然の恋人 バディ・アマラオ
2001年 ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲 ホールデン・マクニール/本人
2001年 パール・ハーバー 1st Lt/レイフ・マコーレー
2002年 チェンジング・レーン ギャビン・バネク
2002年 トータル・フィアーズ ジャック・ライアン
2002年 恋の方程式 あなたのハートにクリック マイケル
2003年 デアデビル マット・マードック/デアデビル
2003年 ジーリ ラリー・ジーリ
2003年 ペイチェック 消された記憶 マイケル・ジェニングス
2004年 世界で一番パパが好き! オリー・トリンキ
2004年 恋のクリスマス大作戦 ドリュー・ラーサム
2006年 男と女の大人可愛い恋愛法則 ジャック・ジャモロ
2006年 クラークス2/バーガーショップ戦記 のろまな男
2006年 ハリウッドランド ジョージ・リーヴス
2006年 スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい ジャック・デュプリー
2009年 そんな彼なら捨てちゃえば? ニール・ジョーンズ
2009年 消されたヘッドライン スティーブン・コリンズ
2009年 シンディにおまかせ ディーン
2010年 カンパニー・メン ボビー・ウォーカー
2010年 ザ・タウン ダグ・マクレイ
2012年 アルゴ トニー・メンデス
2012年 トゥ・ザ・ワンダー ニール
2013年 ランナーランナー アイヴァン・ブロック
2014年 ゴーン・ガール ニック・ダン
2016年 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 ブルース・ウェイン / バットマン
2016年 スーサイド・スクワッド ブルース・ウェイン / バットマン
2016年 ザ・コンサルタント クリスチャン・ウルフ
2017年 夜に生きる ジョー・コフリン
2017年 ジャスティス・リーグ ブルース・ウェイン / バットマン
2019年 トリプル・フロンティア トム・“レッドフライ”・デイヴィス
2019年 Jay and Silent Bob Reboot ホールデン・マクニール
2020年 マクマホン・ファイル トリート・モリソン
2020年 ザ・ウェイバック ジャック・カニンガム
2020年 Deep Water ヴィック・ヴァン・アレン
2020年 The Last Duel シャルル6世

ベン・アフレック以外のアメリカを代表する監督は?

ベン・アフレック以外にもアメリカには傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

ティム・バートン

ティム・バートンもアメリカを代表する映画監督の一人です。

ティム・バートンは、これまでファンタジー映画を中心にヒット作を作ってきました。

また、多くの作品でジョニー・デップとタッグを組んでいることも特徴の一つです。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

ベン・アフレックが監督した映画の最後に

ベン・アフレックは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的にもまだ若く、今後も続々と新作映画を出してくことでしょう。

ですが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はベン・アフレックの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です