東京オリンピックの日本代表監督まとめ

リュック・ベッソンが監督した映画まとめ【2021年最新】

リュック・ベッソンは、フランスを代表する映画監督です。

ですが、
・リュック・ベッソンってどんな人?
・リュック・ベッソンの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はリュック・ベッソンが監督した映画を紹介していきます。

リュック・ベッソンの基本情報

リュック・ベッソンはフランス出身の映画監督です。

名前 リュック・ポール・モーリス・ベッソン(Luc Paul Maurice Besson)
出身 フランス パリ出身
生年月日 1959年3月18日

リュック・ベッソンが監督したおすすめ作品一覧

リュック・ベッソンが監督したおすすめの作品を紹介していきます。

レオン

リュック・ベッソンの代表作と言えば、レオンでしょう。

レオンは1994年にリュック・ベッソンが監督したアクション映画です。

主演は、ジャン・レノですが、当時子役として出演したナタリー・ポートマンが一躍脚光を浴びた作品です。

フィフス・エレメント

フィフス・エレメントは1997年にリュック・ベッソンが監督したSFアクション映画です。

主演は、名優ブルース・ウィルス。

この作品には、まだ無名だったミラ・ジョボビッチも出演しており、彼女の独特な空気感が際立った作品になっています。

リュック・ベッソンが脚本した映画

リュック・ベッソンは監督以外にも脚本や製作で有名な映画に携わっていることもありますので、いくつか紹介していきます。

Taxi

Taxiは、フランスのマルセイユを舞台にした、カーアクション映画です。

リュック・ベッソンはこの作品に脚本・製作として携わっています。

トランスポーター

トランスポーターは2002年製作のフランスとアメリカ合同製作の映画です。

taxi同様、カーアクション映画ですが、この作品の製作脚本としてリュック・ベッソンは関わっています。

リュック・ベッソンが監督した映画の最後に

リュック・ベッソンは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的なこともあり、今後も続々と新作映画を出してくことは考えずらいですが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はリュック・ベッソンの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です