サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

マーク・ウェブが監督した映画まとめ【2021年最新】

マーク・ウェブは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・マーク・ウェブってどんな人?
・マーク・ウェブの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はマーク・ウェブが監督した映画を紹介していきます。

マーク・ウェブの基本情報

マーク・ウェブはアメリカ出身の映画監督です。

名前 マーク・ウェブ(Marc Webb)
出身 アメリカ インディアナ州ブルーミントン
生年月日 1974年8月31日

ミュージック・ビデオを数多く監督

マーク・ウェブは、元々ミュージック・ビデオの監督を勤めていました。

日本でも大ヒットしたダニエル・パウターの「Bad Day」やファーギーの「London Bridge」など数多くの有名アーティストのMVを製作してきた実績を持っています。

マーク・ウェブが監督した映画一覧

公開年 作品名
2009年 (500)日のサマー
2010年 ザ・オフィス
2012年 アメイジング・スパイダーマン
2014年 アメイジング・スパイダーマン2
2017年 gifted/ギフテッド
2017年 さよなら、僕のマンハッタン

マーク・ウェブが監督したオススメ作品

マーク・ウェブが監督したオススメ作品を紹介していきます。

(500)日のサマー

(500)日のサマーは、2009年に公開されたマーク・ウェブ監督の長編デビュー作品です。

ほろ苦いラブストーリー仕立てになっていて、誰しもが味わったことのある恋の苦しみや悲しみを情景豊かに表現しています。

アメイジング・スパイダーマン

アメイジング・スパイダーマンは、2012年に公開されたマーク・ウェブ監督のアクション映画です。

この作品は、2002年に公開されたサム・ライミ監督による「スパイダーマン」のリブート版になります。

また、ジョン・ワッツが監督したMCU版「スパイダーマン:ホームカミング」とも別世界の設定となっています。

ハリウッド版君の名は。を監督!?

新海誠監督の大ヒット映画「君の名は。」。

ハリウッド版「君の名は。」の製作が決まっているようですが、マーク・ウェブが監督を務めるようです。

ただし、2020年時点では、公開年やキャストなどは未定となっています。

マーク・ウェブ以外のアメリカを代表する監督は?

マーク・ウェブ以外にもアメリカには傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

ティム・バートン

ティム・バートンもアメリカを代表する映画監督の一人です。

ティム・バートンは、これまでファンタジー映画を中心にヒット作を作ってきました。

また、多くの作品でジョニー・デップとタッグを組んでいることも特徴の一つです。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

マーク・ウェブが監督した映画の最後に

マーク・ウェブは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的にもまだ若く、今後も続々と新作映画を出していくことでしょう。

ですが、既に後世に残る映画ばかり作り上げてきていますので、興味のある方はマーク・ウェブの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です