フランシス・ローレンスが監督した映画まとめ【2021年最新】

この記事は約3分で読めます。

フランシス・ローレンスが監督した映画まとめ-img
フランシス・ローレンスは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・フランシス・ローレンスってどんな人?
・フランシス・ローレンスの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はフランシス・ローレンスが監督した映画を紹介していきます。

スポンサーリンク

フランシス・ローレンスの基本情報

フランシス・ローレンスはオーストリアで生まれアメリカで育った映画監督です。

名前 フランシス・ローレンス(Francis Lawrence)
出身 オーストリア ウィーン
生年月日 1971年3月26日
スポンサーリンク

フランシス・ローレンスが監督した映画一覧

公開年 作品名 役割
2005年 コンスタンティン 監督
2007年 アイ・アム・レジェンド 監督
2011年 恋人たちのパレード 監督
2013年 ハンガー・ゲーム2 監督
2014年 ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス 監督
2015年 ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション 監督
2018年 レッド・スパロー 監督

フランシス・ローレンスが監督したオススメ作品

フランシス・ローレンスが監督したオススメ作品を紹介していきます。

アイ・アム・レジェンド

アイ・アム・レジェンドは2007年にフランシス・ローレンスが監督したSF映画です。

ウイルスによってほぼ全ても人類が滅亡した地球で、必死に生きる男を描いたストーリーです。

主演は名優ウィル・スミス。

本作はリチャード・マシスン著の小説「I Am Legend」を映画化した作品です。

コンスタンティン

コンスタンティンは、2005年にフランシス・ローレンスが監督したSF映画です。

天国と地獄が並行する世界で、ヘビースモーカーの悪魔祓いである主人公が自分のおこないを正すため悪魔と対峙していくストーリーです。

主演はキアヌ・リーブス。

フランシス・ローレンス以外のアメリカを代表する監督は?

フランシス・ローレンス以外にもアメリカには傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

ティム・バートン

ティム・バートンもアメリカを代表する映画監督の一人です。

ティム・バートンは、これまでファンタジー映画を中心にヒット作を作ってきました。

また、多くの作品でジョニー・デップとタッグを組んでいることも特徴の一つです。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

フランシス・ローレンスが監督した映画の最後に

フランシス・ローレンスは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も続々と新作映画を出してくことでしょう。

ですが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はフランシス・ローレンスの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメント