サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

スティーヴン・スピルバーグが監督した映画まとめ【2021年最新】

映画館

スティーヴン・スピルバーグは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・スティーヴン・スピルバーグってどんな人?
・スティーヴン・スピルバーグの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はスティーヴン・スピルバーグが監督した映画を紹介していきます。

スティーヴン・スピルバーグの基本情報

スティーヴン・スピルバーグは、アメリカのオハイオ州シンシナティ生まれの映画監督です。

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で映画を学び、その後数々の大ヒット映画を世に送り出してきました。

スティーヴン・スピルバーグの認知度は?

スティーヴン・スピルバーグは世界中の誰もが知っている映画監督です。

世界中で彼の誕生日にはお祝いメッセージが溢れます。

スティーヴン・スピルバーグの代表的な作品

ジョーズ


ジョーズは、スティーヴン・スピルバーグが1975年に監督したスリラー映画です。

ネタバレがないように説明すると、サメから逃げまわるストーリーになっています。

主演は、マーティン・ブロディです。

E.T

E.Tは1982年にスティーヴン・スピルバーグが監督したSF映画です。

人差し指を付け合わせるお馴染みの動作は、このE.Tから始まりました。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンは、2002年にスティーヴン・スピルバーグが監督した映画です。

レオナルド・ディカプリオとトムハンクスが共演した豪華な作品です。

ターミナル

ターミナルは2004年にスティーヴン・スピルバーグが監督したヒューマンドラマの映画です。

トム・ハンクスが空港になぜか住み着くところから始まる映画です。

スティーヴン・スピルバーグ以外のアメリカを代表する監督は?

スティーヴン・スピルバーグ以外にもアメリカには傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

ティム・バートン

ティム・バートンもアメリカを代表する映画監督の一人です。

ティム・バートンは、これまでファンタジー映画を中心にヒット作を作ってきました。

また、多くの作品でジョニー・デップとタッグを組んでいることも特徴の一つです。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

スティーヴン・スピルバーグが監督した映画の最後に

スティーヴン・スピルバーグは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的なこともあり、今後も続々と新作映画を出してくことは考えずらいですが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はスティーヴン・スピルバーグの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です