ロバート・ゼメキスが監督した映画まとめ【2021年最新】

この記事は約4分で読めます。


ロバート・ゼメキスは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・ロバート・ゼメキスってどんな人?
・ロバート・ゼメキスの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はロバート・ゼメキスが監督した映画を紹介していきます。

スポンサーリンク

ロバート・ゼメキスの基本情報

ロバート・ゼメキスはアメリカ出身の映画監督です。

名前 ロバート・リー・ゼメキス(Robert Lee Zemeckis)
出身 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
生年月日 1952年5月14日

南カリフォルニア大学出身

ロバート・ゼメキスは、アメリカの名門南カリフォルニア大学(USC)出身の映画監督です。

南カリフォルニア大学(USC)は、ロバート・ゼメキスの他、ジョージ・ルーカスロン・ハワード、アルバート・S・ラディなど多くの映画監督を輩出しています。

スポンサーリンク

ロバート・ゼメキスが監督した映画一覧

公開年 作品名
1978年 抱きしめたい
1980年 ユーズド・カー
1984年 ロマンシング・ストーン 秘宝の谷
1985年 バック・トゥ・ザ・フューチャー
1986年 世にも不思議なアメージング・ストーリー
1988年 ロジャー・ラビット
1989年 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2
1990年 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3
1991年 ハリウッド・ナイトメア
1992年 永遠に美しく…
1994年 フォレスト・ガンプ/一期一会
1997年 コンタクト
2000年 ホワット・ライズ・ビニース
2000年 キャスト・アウェイ
2004年 ポーラー・エクスプレス
2007年 ベオウルフ/呪われし勇者
2009年 Disney’s クリスマス・キャロル
2012年 フライト
2015年 ザ・ウォーク
2016年 マリアンヌ
2018年 マーウェン
2020年 魔女がいっぱい

ロバート・ゼメキスが監督したオススメ作品

ロバート・ゼメキスが監督したオススメ作品を紹介していきます。

バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャーは、1985年に公開されたロバート・ゼメキス監督のSF映画です。

タイムスリップ映画の金字塔とも言える傑作で、それまで”フューチャー”と名のついた映画は売れないという固定概念を覆しました。

その後、バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年公開)、バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(1990年公開)もロバート・ゼメキスが監督を勤め制作されました。

歴史を変えると自分が生まれなくなってしまうので、歴史を戻すために奮闘する、という今でこそよくあるストーリー展開ですが、底抜けに明るいキャラクターや演出で観る人を元気にさせる名作です。

フォレスト・ガンプ/一期一会

フォレスト・ガンプ/一期一会は、1994年にロバート・ゼメキスが監督したヒューマンドラマです。

ウィンストン・グルーム著の小説「フォレスト・ガンプ」が原作です。

主演にトム・ハンクスを迎えた本作で、ロバート・ゼメキスは第67回アカデミー賞監督賞を受賞しています。

また、主演男優賞他、6部門を受賞しています。

キャスト・アウェイ

キャスト・アウェイは、2000年にロバート・ゼメキスが監督したヒューマンドラマです。

フォレスト・ガンプ/一期一会以来二度目の監督ロバート・ゼメキス、主演トム・ハンクスのタッグで製作された本作は、無人島に流れ着いた男性のサバイバル生活を描いた作品です。

ロバート・ゼメキス以外のアメリカを代表する監督は?

ロバート・ゼメキス以外にもアメリカには傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

ティム・バートン

ティム・バートンもアメリカを代表する映画監督の一人です。

ティム・バートンは、これまでファンタジー映画を中心にヒット作を作ってきました。

また、多くの作品でジョニー・デップとタッグを組んでいることも特徴の一つです。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

ロバート・ゼメキスが監督した映画の最後に

ロバート・ゼメキスは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的なこともあり、今後も続々と新作映画を出してくことは考えずらいですが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はロバート・ゼメキスの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメント