ジョージ・ルーカスが監督した映画まとめ【2021年最新】

この記事は約4分で読めます。

ジョージ・ルーカスは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・ジョージ・ルーカスってどんな人?
・ジョージ・ルーカスの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はジョージ・ルーカスが監督した映画を紹介していきます。

スポンサーリンク

ジョージ・ルーカスの基本情報

ジョージ・ルーカスはアメリカ出身の映画監督です。

名前 ジョージ・ルーカス(George Walton Lucas Jr.)
出身 アメリカ カルフォルニア州モデスト
生年月日 1944年5月14日
スポンサーリンク

ジョージ・ルーカスの関わった作品一覧

1971年 THX 1138 監督・脚本
1973年 アメリカン・グラフィティ 監督・脚本
1977年 スター・ウォーズ 監督・脚本
1980年 スター・ウォーズ/帝国の逆襲 製作総指揮
1981年 レイダース/失われたアーク《聖櫃》 製作総指揮
1983年 スター・ウォーズ/ジェダイの帰還 脚本・製作総指揮
1984年 インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 製作総指揮
1985年 ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ 製作総指揮
1986年 ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀 製作総指揮
1986年 ラビリンス/魔王の迷宮 製作総指揮
1988年 ウィロー 製作総指揮
1988年 タッカー 製作総指揮
1989年 インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 製作総指揮
1994年 笑撃生放送! ラジオ殺人事件 製作総指揮
1999年 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 監督・脚本・製作総指揮
2002年 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 監督・脚本・製作総指揮
2005年 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 監督・脚本・製作総指揮
2008年 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 製作総指揮
2012年 レッド・テイルズ 製作総指揮

スター・ウォーズ

スター・ウォーズは1977年にジョージ・ルーカスが監督・脚本したSF映画です。

スター・ウォーズは、全部で9作ありますが、ここで言うスター・ウォーズはシリーズ第1作目、エピソード4を指します。

本作では、マーク・ハミルが主演、ハン・ソロ役でハリソン・フォードが出演しています。

U-NEXTでスター・ウォーズを観る

過去のスター・ウォーズの監督は?

公開年 作品名 監督
1977年 スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 ジョージ・ルーカス
1980年 スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 アーヴィン・カーシュナー
1983年 スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 リチャード・マーカンド
1999年 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス ジョージ・ルーカス
2002年 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 ジョージ・ルーカス
2005年 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 ジョージ・ルーカス
2015年 スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7) J・J・エイブラムス
2017年 スター・ウォーズ/最後のジェダイ(エピソード8) ライアン・ジョンソン
2019年 スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(エピソード9) J・J・エイブラムス

インディ・ジョーンズシリーズ

インディ・ジョーンズシリーズは、1981年からジョージ・ルーカスが製作総指揮などで関わったアドベンチャー映画です。

また、インディー・ジョーンズシリーズの監督は、スティーヴン・スピルバーグが務めています。

ジョージ・ルーカス以外のアメリカを代表する監督は?

ジョージ・ルーカス以外にもアメリカには傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

ティム・バートン

ティム・バートンもアメリカを代表する映画監督の一人です。

ティム・バートンは、これまでファンタジー映画を中心にヒット作を作ってきました。

また、多くの作品でジョニー・デップとタッグを組んでいることも特徴の一つです。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

ジョージ・ルーカスが監督した映画の最後に

ジョージ・ルーカスは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的なこともあり、今後も続々と新作映画を出してくことは考えずらいですが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はジョージ・ルーカスの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメント