東京オリンピックの日本代表監督まとめ

ソフィア・コッポラが監督した映画まとめ【2021年最新】


ソフィア・コッポラは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・ソフィア・コッポラってどんな人?
・ソフィア・コッポラの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はソフィア・コッポラが監督した映画を紹介していきます。

ソフィア・コッポラの基本情報

ソフィア・コッポラはアメリカ出身の映画監督、女優、ファッションデザイナーです。

名前 ソフィア・コッポラ(ソフィア・コッポラ)
出身 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
生年月日 1971年5月14日

ソフィア・コッポラが監督した映画一覧

公開年 作品名 役割
1999年 ヴァージン・スーサイズ 監督・脚本
2003年 ロスト・イン・トランスレーション 監督・脚本・製作
2006年 マリー・アントワネット 監督・脚本・製作
2010年 SOMEWHERE 監督・脚本・製作
2013年 ブリングリング 監督・脚本・製作
2015年 ビル・マーレイ・クリスマス 監督・脚本・製作総指揮
2017年 The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ 監督・脚色・製作
2020年 オン・ザ・ロック 監督・脚本・製作

夫はボーカリストのトーマス・マーズ

ソフィア・コッポラの夫は、ロックバンド「フェニックス」のボーカルを担当しているトーマス・マーズです。

現在は、二人の子供を育てる母親でもあります。

元夫はスパイク・ジョーンズ

ソフィア・コッポラは、1999年にウルフ・オブ・ウォールストリートの監督として有名なスパイク・ジョーンズと結婚し、2003年に離婚しています。

ソフィア・コッポラが監督したオススメ作品

ソフィア・コッポラが監督したオススメ作品を紹介していきます。

ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーションは、2003年にソフィア・コッポラが監督・脚本・製作を担ったロマンティックコメディです。

映画の舞台はアメリカと日本。

ハリウッドスターの老人と若く美しい女性の出会いと別れを描いたストーリーであり、ユーモア溢れる演出と独特のセンスで観るひとを魅了する作品です。

ソフィア・コッポラは、本作でアカデミー脚本賞を受賞しています。

マリー・アントワネット

マリー・アントワネットは、2006年にソフィア・コッポラが監督した伝記映画です。

フランス革命の悲劇の王妃とされるマリー・アントワネットをキルスティン・ダンストが演じています。

SOMEWHERE

SOMEWHEREは、2010年に公開されたソフィア・コッポラ監督のヒューマンドラマです。

地位も名誉もあり、お金も女遊びにも困らないけど空虚な日々を過ごすハリウッドスターを主人公に、元嫁から預かった娘と過ごす日々の内に大切なものに気づくという切ない物語です。

この作品は、第67回ヴェネツィア国際映画祭において最高位の金獅子賞を受賞しました。

ブリングリング

ブリングリングは2013年に公開されたソフィア・コッポラ監督のクライムドラマです。

若くてスリルに惹かれる女性たちがハリウッドセレブの家に忍び込み、高級品を次々と盗み出すが遂に捕まってしまうが、、といったストーリーです。

この作品には、パリス・ヒルトンやキルスティン・ダンストなどが本人役としてカメオ出演しています。

ソフィア・コッポラはファッションブランドも展開!

ソフィア・コッポラは監督・脚本だけでなく、ミルク・フェド(MILKFED.)というファッションブランドも展開しています。

カリフォルニア・クールをコンセプトにしたブランドです。

ソフィア・コッポラ以外のアメリカを代表する監督は?

ソフィア・コッポラ以外にもアメリカには傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

ティム・バートン

ティム・バートンもアメリカを代表する映画監督の一人です。

ティム・バートンは、これまでファンタジー映画を中心にヒット作を作ってきました。

また、多くの作品でジョニー・デップとタッグを組んでいることも特徴の一つです。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

ソフィア・コッポラが監督した映画の最後に

ソフィア・コッポラは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的にまだまだ若く、今後も続々と新作映画を出していくことでしょう。

ですが、すでに後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はソフィア・コッポラの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です