東京オリンピックの日本代表監督まとめ

ルイ・ルテリエが監督した映画まとめ【2021年最新】


ルイ・ルテリエは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・ルイ・ルテリエってどんな人?
・ルイ・ルテリエの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はルイ・ルテリエが監督した映画を紹介していきます。

ルイ・ルテリエの基本情報

ルイ・ルテリエはアメリカ出身の映画監督です。

名前 ルイ・ルテリエ(Louis Leterrier)
出身 フランス パリ
生年月日 1973年6月17日

ルイ・ルテリエが監督した映画一覧

公開年 作品名 役割
2002年 トランスポーター 監督
2005年 ダニー・ザ・ドッグ 監督
2005年 トランスポーター2 監督
2008年 インクレディブル・ハルク 監督
2010年 タイタンの戦い 監督
2013年 監督
2016年 Grimsby 監督
2019年 ダーククリスタル: エイジ・オブ・レジスタンス 監督

ルイ・ルテリエが監督したオススメ作品

ルイ・ルテリエが監督したオススメ作品を紹介していきます。

トランスポーター

トランスポーターは2002年公開のルイ・ルテリエによるカーアクション映画です。

TAXiシリーズで知られるリュック・ベッソンが脚本・製作を手掛けていることや2000年代アクション映画の代名詞ジェイソン・ステイサムが主演してトップスター街道を駆け上がっていでも知られる作品です。

グランド・イリュージョン

グランド・イリュージョンは、2013年に公開されたルイ・ルテリエのクライム映画です。

才能溢れる4人の天才マジシャンが完全犯罪の銀行強盗を企てるというストーリーで、スティーブン・ソダーバーグのオーシャンズシリーズを彷彿とさせる作品です。

特に、完全犯罪映画を観て気分をスッキリさせたい人にオススメです!

インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルクは、2008年に公開されたルイ・ルテリエ監督によるSF映画です。

マーベルコミックの「ハルク」を実写化した作品で、アイアンマンに次ぐMCUシリーズ第2作目となった作品です。

ルイ・ルテリエ以外のアメリカを代表する監督は?

ルイ・ルテリエ以外にもアメリカには傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

リュック・ベッソン

リュック・ベッソンは、フランスを代表する映画監督の一人です。

フィフス・エレメントやレオンと言いった名作を監督していますが、脚本化としても知られ、TAXiシリーズやトランスポーターシリーズにも携わっています。

ルイ・ルテリエが監督した映画の最後に

ルイ・ルテリエは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的にもまだ若く、今後も続々と新作映画を出していくことでしょう。

ですが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はルイ・ルテリエの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です