M・ナイト・シャマランが監督した映画まとめ【2021年最新】

この記事は約4分で読めます。

M・ナイト・シャマランが監督した映画まとめ-img
M・ナイト・シャマランは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・M・ナイト・シャマランってどんな人?
・M・ナイト・シャマランの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はM・ナイト・シャマランが監督した映画を紹介していきます。

スポンサーリンク

M・ナイト・シャマランの基本情報

M・ナイト・シャマランはインド生まれアメリカ育ちの映画監督です。

名前 M・ナイト・シャマラン(M. Night Shyamalan)
出生地 インド ポンディチェリー
育ち アメリカ合衆国 ペンシルベニア州フィラデルフィア
生年月日 1970年8月6日
スポンサーリンク

M・ナイト・シャマランが監督した映画一覧

公開年 作品名 役割
1992年 Praying with Anger 監督・脚本・製作・出演
1998年 翼のない天使 監督・脚本
1999年 シックス・センス 監督・脚本・出演
2000年 アンブレイカブル 監督・脚本・製作・出演
2002年 サイン 監督・脚本・製作・出演
2004年 ヴィレッジ 監督・脚本・製作・出演
2006年 レディ・イン・ザ・ウォーター 監督・脚本・製作・出演
2008年 ハプニング 監督・脚本・製作・出演
2010年 エアベンダー 監督・脚本・製作
2013年 アフター・アース 監督・脚本
2015年 ヴィジット 監督・脚本・製作
2016年 スプリット 監督・脚本・製作・出演
2019年 ミスター・ガラス 監督・脚本・製作・出演

M・ナイト・シャマランが監督したオススメ作品

M・ナイト・シャマランが監督したオススメ作品を紹介していきます。

シックスセンス

シックスセンスは1999年に公開されたM・ナイト・シャマラン監督によるミステリー映画です。

M・ナイト・シャマランを一躍有名にした作品であり、彼の代表作と言えます。

死者が見えるという第六感を持つ少年と彼の小児精神科医の交流を描いていますが、最後にどんでん返しが待っています。

初見の方は、情報を知らずに観るとより楽しめる作品です。

サイン

サインは2002年に公開されたM・ナイト・シャマラン監督によるSFホラー映画です。

元牧師の主人公とその息子が、自身の農場に出現した謎のミステリーサークルに遭遇するという、ストーリーです。

アンブレイカブル

アンブレイカブルは、2000年に公開されたM・ナイト・シャマラン監督によるSFサスペンス映画です。

主演は、シックスセンスに続き名優ブルース・ウィルス。

普通の人間だと思っていた主人公が、ある人物の助言から自分が特殊な能力を持っていることに気づく、というストーリーです。

最後にどんでん返しが待っているのは、M・ナイト・シャマラン監督お得意の手法ですね。

スプリット

スプリットは、2016年に公開されたM・ナイト・シャマラン監督によるスリラー映画です。

女子高生3人が誘拐されるが、その犯人は解離性同一性障害を患っていて、、というストーリーです。

本作はアンブレイカブルと同じ世界線の話となり、アンブレイカブルの主人公も登場します。

M・ナイト・シャマラン原案デビル

M・ナイト・シャマランは、監督だけでなく脚本家としても活動しています。

2010年に公開されたホラー映画「デビル」も彼が原案を手掛けた作品です。

M・ナイト・シャマラン以外のアメリカを代表する監督は?

M・ナイト・シャマラン以外にもアメリカには傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

ティム・バートン

ティム・バートンもアメリカを代表する映画監督の一人です。

ティム・バートンは、これまでファンタジー映画を中心にヒット作を作ってきました。

また、多くの作品でジョニー・デップとタッグを組んでいることも特徴の一つです。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

M・ナイト・シャマランが監督した映画の最後に

M・ナイト・シャマランは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も続々と新作映画を出していくことでしょう。

ですが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はM・ナイト・シャマランの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメント