東京オリンピックの日本代表監督まとめ

リチャード・カーティスが監督した映画まとめ【2021年最新】

リチャード・カーティスは、イギリスを代表する脚本家・映画監督です。

ですが、
・リチャード・カーティスってどんな人?
・リチャード・カーティスの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はリチャード・カーティスが監督した映画を紹介していきます。

リチャード・カーティスの基本情報

リチャード・カーティスは、イギリスを拠点にしていますが、実はニュージーランド出身の脚本家・映画監督です。

名前 リチャード・カーティス(Richard Curtis)
出身 ニュージーランド ウェリントン
生年月日 1956年11月8日

リチャード・カーティスが監督した作品一覧

リチャード・カーティスが監督した映画作品を纏めました。

公開年 作品名 担当
2003年 ラブ・アクチュアリー 監督兼脚本
2009年 パイレーツ・ロック 監督兼脚本
2013年 アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜 監督兼脚本
2017年 レッド・ノーズ・デイ・アクチュアリー 監督兼脚本

リチャード・カーティスが脚本を担当した作品一覧

リチャード・カーティスは、脚本のみ担当している作品も多くありますので、一覧に纏めました。

公開年 作品名 担当
1983年 ローワン・アトキンソンのブラックアダー テレビシリーズ脚本
1989年 Mr.ビーン テレビシリーズ脚本
1994年 フォー・ウェディング 脚本
1997年 ビーン 製作総指揮・脚本
1999年 ノッティングヒルの恋人 脚本
2001年 ブリジット・ジョーンズの日記 脚本
2004年 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 脚本
2010年 ドクター・フー 脚本
2011年 戦火の馬 脚本
2014年 トラッシュ! -この街が輝く日まで- 脚本
2019年 イエスタデイ 製作・脚本

リチャード・カーティス以外の世界的な監督は?

リチャード・カーティス以外にも世界には傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

ティム・バートン

ティム・バートンもアメリカを代表する映画監督の一人です。

ティム・バートンは、これまでファンタジー映画を中心にヒット作を作ってきました。

また、多くの作品でジョニー・デップとタッグを組んでいることも特徴の一つです。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

リチャード・カーティスが監督した映画の最後に

リチャード・カーティスは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的なこともあり、今後も続々と新作映画を出してくことは考えずらいですが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はリチャード・カーティスの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です