サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

ペイトン・リードが監督した映画まとめ【2021年最新】

ペイトン・リードが監督した映画まとめ-img
ペイトン・リードは、アメリカを代表する映画監督です。

ですが、
・ペイトン・リードってどんな人?
・ペイトン・リードの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はペイトン・リードが監督した映画を紹介していきます。

ペイトン・リードの基本情報

ペイトン・リードはアメリカ出身の映画監督です。

名前 ペイトン・リード(Peyton Reed)
出身 アメリカ合衆国 ノースカロライナ州ローリー
生年月日 1964年7月3日

ペイトン・リードが監督した映画一覧

公開年 作品名 役割
1995年 テニス靴をはいたコンピューター 監督
1997年 新ラブバッグ/ハービー絶体絶命! 監督
2000年 チアーズ!
2003年 恋は邪魔者
2006年 ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き
2008年 イエスマン “YES”は人生のパスワード
2015年 アントマン
2018年 アントマン&ワスプ

ペイトン・リードが監督したオススメ作品

ペイトン・リードが監督したオススメ作品を紹介していきます。

イエスマン “YES”は人生のパスワード

イエスマン “YES”は人生のパスワードは、2008年に公開されたペイトン・リード監督によるコメディ映画です。

ダニー・ウォレスの自叙伝「Yes Man」を元にした映画で、主演はジム・キャリー。

あらゆる事柄に「ノー」と言ってきた主人公があることがきっかけで「イエス」と受け入れることを実践していくというストーリーです。

アントマン

アントマンは、2015年に公開されたペイトン・リード監督によるスーパーヒーロー映画です。

マーベルコミック「アントマン」の実写映画化作品であり、MCUシリーズの第12作目にあたります。

アリのように小さくなることができるコスチュームを手に入れた主人公が悪役と闘うストーリーです。

チアーズ!

チアーズ!は、2000年に公開されたペイトン・リード監督による青春映画です。

常勝チアリーディング部のキャプテンを描いた作品です。

ペイトン・リード以外のアメリカを代表する監督は?

ペイトン・リード以外にもアメリカには傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

ティム・バートン

ティム・バートンもアメリカを代表する映画監督の一人です。

ティム・バートンは、これまでファンタジー映画を中心にヒット作を作ってきました。

また、多くの作品でジョニー・デップとタッグを組んでいることも特徴の一つです。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

ペイトン・リードが監督した映画の最後に

ペイトン・リードは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も続々と新作映画を出していくことでしょう。

ですが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はペイトン・リードの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です