マーティン・キャンベルが監督した映画まとめ【2021年最新】

この記事は約3分で読めます。

マーティン・キャンベルが監督した映画まとめ-img
マーティン・キャンベルは、ニュージーランドを代表する映画監督です。

ですが、
・マーティン・キャンベルってどんな人?
・マーティン・キャンベルの代表作は?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はマーティン・キャンベルが監督した映画を紹介していきます。

スポンサーリンク

マーティン・キャンベルの基本情報

マーティン・キャンベルはニュージーランド出身の映画監督です。

名前 マーティン・キャンベル(Martin Campbell)
出身 ニュージーランド
生年月日 1943年10月24日
スポンサーリンク

マーティン・キャンベルが監督した映画一覧

公開年 作品名 役割
1989年 クリミナル・ロウ 監督
1991年 ディフェンスレス/密会 監督
1994年 ノー・エスケイプ 監督
1995年 007 ゴールデンアイ 監督
1998年 マスク・オブ・ゾロ 監督
2000年 バーティカル・リミット 監督・製作
2003年 すべては愛のために 監督
2005年 レジェンド・オブ・ゾロ 監督
2006年 007 カジノ・ロワイヤル 監督
2010年 復讐捜査線 監督
2011年 グリーン・ランタン 監督
2017年 ザ・フォーリナー/復讐者 監督

マーティン・キャンベルが監督したオススメ作品

マーティン・キャンベルが監督したオススメ作品を紹介していきます。

007 ゴールデンアイ

007 ゴールデンアイは、1995年に公開されたマーティン・キャンベル監督によるスパイアクション映画です。

本作は、007シリーズ第17作にあたり、007/ジェームズ・ボンド役をピアース・ブロナスンが初めて演じた作品です。

後にゲーム化もされ大ヒットしたように、日本では007シリーズの中でもかなり有名な作品でしょう。

マスク・オブ・ゾロ

マスク・オブ・ゾロは、1998年に公開されたマーティン・キャンベル監督によるアクション映画です。

アメリカのヒーローキャラクター「怪傑ゾロ」の実写映画で、大ヒットを記録しました。

その後、続編となるレジェンド・オブ・ゾロも製作され、マーティン・キャンベル監督が監督を務めています。

マーティン・キャンベル以外の世界的な監督は?

マーティン・キャンベル以外にも世界には傑作を作ってきた監督が多くいます。

その中でも、オススメの監督を紹介していきます。

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシは、アメリカを代表する映画監督の一人です。

元はイタリア移民系ですので、マフィアが関連した映画やサスペンス映画を多く手がけてきました。

ティム・バートン

ティム・バートンもアメリカを代表する映画監督の一人です。

ティム・バートンは、これまでファンタジー映画を中心にヒット作を作ってきました。

また、多くの作品でジョニー・デップとタッグを組んでいることも特徴の一つです。

J・J・エイブラムス

J・J・エイブラムスも、アメリカ国内のみならず世界中で人気のある映画監督です。

J・J・エイブラムスといえば、スターウォーズシリーズを手がけたことで有名ですね。

マーティン・キャンベルが監督した映画の最後に

マーティン・キャンベルは、これまで様々な映画作品を世に送り出してきました。

年齢的なこともあり、今後も続々と新作映画を出してくことは考えずらいですが、既に後世に残る映画ばかりを作り上げてきていますので、興味のある方はマーティン・キャンベルの映画を観てみてはいかがでしょうか。

No Movie No Life

コメント