サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

ダグ・ペダーソンが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

ダグ・ペダーソン
ダグ・ペダーソンは、NFLを代表するヘッドコーチです。

ですが、
・ダグ・ペダーソンってどんな人?
・ダグ・ペダーソンが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はダグ・ペダーソンが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

ダグ・ペダーソンの基本情報

ダグ・ペダーソンはワシントン州ベリンハム出身のNFLヘッドコーチです。

名前 ダグラス・アーヴィン・ペダーソン (Douglas Irvin Pederson)
出身 ワシントン州 ベリンハム
生年月日 1968年1月31日

ルイジアナ・モンロー大学出身

ダグ・ペダーソンは、FBS校ルイジアナ・モンロー大学出身です。

ダグ・ペダーソン在籍当時はディビジョンⅡ相当でしたが、QBとして4年間プレーしていました。

NFLではブレット・ファーブの控えQB

ダグ・ペダーソンは、1995-1998年と2001-2004年の期間パッカーズに在籍し剛腕QBブレッド・ファーブの控えをつとめました。

アンディ・リードとの関係性

ダグ・ペダーソンはNFLで長年控えQBでしたが、1999年にスターターQBとしてイーグルスに移籍しました。

当時のヘッドコーチはアンディ・リード

リードは1997-1998年にパッカーズでQBコーチをつとめ、ペダーソンの上司でした。

シーズン中は後の正QBで当時ルーキーだったドノバン・マグナブとスターターを争いましたが、残念ながら翌年にリリースされました。

引退後も2013-2015年の期間、アンディ・リードがヘッドコーチをつとめていたチーフスのOCを担当しています。

NFL通算42勝

ダグ・ペダーソンは2020年シーズン時点でヘッドコーチとしてNFLレギュラーシーズン通算42勝を記録しています。

順位 勝利数 ヘッドコーチ名 主なチーム
1位 328勝 ドン・シュラ ドルフィンズ、コルツ
2位 318勝 ジョージ・ハラス ベアーズ
3位 280勝 ビル・ベリチック ペイトリオッツ
4位 250勝 トム・ランドリー カウボーイズ
5位 226勝 カーリー・ランボー パッカーズ、レッドスキンズなど
6位 221勝 アンディ・リード イーグルス、チーフス
7位 200勝 マーティ・ショッテンハイマー ブラウンズ、チャージャーズなど
8位 193勝 チャック・ノル スティーラーズ
9位 190勝 ダン・リーヴス ブロンコス、ジャイアンツなど
10位 186勝 チャック・ノックス ラムズ、シーホークスなど

ダグ・ペダーソンが携わったチーム一覧

期間 チーム 役割
2005-2008年 カルヴァリー・バプテスト・アカデミー ヘッドコーチ
2009-2010年 フィラデルフィア・イーグルス オフェンシブクオリティコントロールコーチ
2011-2012年 フィラデルフィア・イーグルス QBコーチ
2013-2015年 カンザスシティ・チーフス OC
2016-2020年 フィラデルフィア・イーグルス ヘッドコーチ

スーパーボウル優勝

ダグ・ペダーソンは、第52回スーパーボウルを制し、ヴィンス・ロンバルディ・トロフィーを獲得しています。

スーパーボウル優勝経験のある現役ヘッドコーチ

2020年現在、現役のNFLヘッドコーチでスーパーボウル優勝経験があるのは下記のコーチ達です。

ヘッドコーチ名 優勝回数 優勝チーム
ビル・ベリチック 6回 ペイトリオッツ
ジョン・グルーデン 1回 バッカニアーズ
マイク・トムリン 1回 スティーラーズ
ショーン・ペイトン 1回 セインツ
マイク・マッカーシー 1回 パッカーズ
ジョン・ハーボー 1回 レイブンズ
ピート・キャロル 1回 シーホークス
ダグ・ペダーソン 1回 イーグルス
アンディ・リード 1回 チーフス
ブルース・エリアンス 1回 バッカニアーズ

現在はフリー

2020年シーズン終了後、ダグ・ペダーソンはイーグルスから解任されました。

2021年はフリーですが、次はどこで指揮するのか楽しみですね。

2021年シーズンのNFLヘッドコーチ一覧

2021年シーズンのNFL各チームのヘッドコーチは以下になります。

カンファレンス 地区 チーム ヘッドコーチ 年数
AFC 東地区 ビルズ シーン・マクダーモット 5年目
ドルフィンズ ブライアン・フローレス 3年目
ペイトリオッツ ビル・ベリチック 22年目
ジェッツ ロバート・サレー 1年目
北地区 レイブンズ ジョン・ハーボー 14年目
ベンガルズ ザック・テイラー 3年目
ブラウンズ ケビン・ステファンスキー 2年目
スティーラーズ マイク・トムリン 15年目
南地区 テキサンズ デイビット・カリー 1年目
コルツ フランク・ライク 4年目
ジャガーズ アーバン・マイヤー 1年目
タイタンズ マイク・ブレイベル 4年目
西地区 ブロンコス ビック・ファンジオ 3年目
チーフス アンディ・リード 9年目
レイダース リッチ・ビサッチア 1年目
チャージャーズ ブランドン・ステーリー 1年目
NFC 東地区 カウボーイズ マイク・マッカーシー 2年目
ジャイアンツ ジョー・ジャッジ 2年目
イーグルス ニック・シリアニ 1年目
ワシントン ロン・リベラ 2年目
北地区 ベアーズ マット・ナギー 4年目
ライオンズ ダン・キャンベル 1年目
パッカーズ マット・ラフルール 3年目
バイキングス マイク・ジマー 8年目
南地区 ファルコンズ アーサー・スミス 1年目
パンサーズ マット・ロール 2年目
セインツ ショーン・ペイトン 15年目
バッカニアーズ ブルース・エリアンス 3年目
西地区 カーディナルス クリフ・キングスベリー 3年目
49ers カイル・シャナハン 5年目
シーホークス ピート・キャロル 12年目
ラムズ シーン・マクベイ 5年目

ダグ・ペダーソンが特筆した成績を収めたチーム

ダグ・ペダーソンが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

イーグルス(2017年シーズン)

ダグ・ペダーソン率いるイーグルスが第52回スーパーボウルを制した2017年シーズン。

レギュラーシーズンを13勝3敗の好成績で終え、第1位シードとしてプレイオフに臨みました。

正QBカーソン・ウェンツを怪我でシーズンアウトしましたが、代役のニック・フォールズが堅実なパスワークをみせプレイオフを勝ち上がりました。

スーパーボウルでは前年シーズン優勝チームでビル・ベリチック率いるペイトリオッツと対戦し、ペイトリオッツの連覇を阻止しました。

主力メンバーには、QBニック・フォールズをはじめ、WRアルション・ジェフリー、TEザック・アーツ、DTフレッチャー・コックスなど実力者揃いのチーム編成でした。

ダグ・ペダーソンの教え子は?

ダグ・ペダーソンの教え子として有名な選手をまとめました。

カーソン・ウェンツ

2017年からダグ・ペダーソン率いるイーグルスの主戦QBをつとめたのがカーソン・ウェンツでした。

超マイナー校ノースダコタ州立大出身ながらドラフト全体2位で入団し2年目の2017年にスターターに定着。

そのシーズンはMVP級の活躍をみせましたが、その後は度重なる怪我に苦しんでいます。

マイケル・ヴィック

ダグ・ペダーソンがイーグルスのQBコーチだった2011-2012年にイーグルスの主戦QBだったのが元祖モバイルQBマイケル・ヴィックでした。

闘犬賭博問題から復帰したヴィックは持ち前の機動力を遺憾なく発揮しますが、怪我にも悩まされていました。

ダグ・ペダーソンが監督したチーム最後に

ダグ・ペダーソンは、これまで様々なチームを率いてきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はダグ・ペダーソンの今後の活躍に期待してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です