サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

アンディ・リードが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

アンディ・リード
アンディ・リードは、NFLを代表するヘッドコーチです。

ですが、
・アンディ・リードってどんな人?
・アンディ・リードが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はアンディ・リードが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

アンディ・リードの基本情報

アンディ・リードはロサンゼルス出身のNFLヘッドコーチです。

名前 アンドリュー・ウォルター・リード (Andrew Walter Reid)
出身 カリフォルニア州 ロサンゼルス
生年月日 1958年3月19日

BYU出身

アンディ・リードは、独立校の雄ブリガムヤング大学(BYU)出身です。

学生時代からアシスタントコーチとしてBYUのフットボールチームに関わっていました。

安西先生に似ている?

アンディ・リードはスラムダンクの安西先生に似ていると言われることが多いようです。

確かに見方によっては似ているかもしれませんね。

NFL通算221勝

アンディ・リードは2021年シーズン開幕前の時点でヘッドコーチとしてNFLレギュラーシーズン通算221勝を記録しています。

この数字は、歴代第6位の記録で今後も勝利を重ねることが予想されます。

順位 勝利数 ヘッドコーチ名 主なチーム
1位 328勝 ドン・シュラ ドルフィンズ、コルツ
2位 318勝 ジョージ・ハラス ベアーズ
3位 280勝 ビル・ベリチック ペイトリオッツ
4位 250勝 トム・ランドリー カウボーイズ
5位 226勝 カーリー・ランボー パッカーズ、レッドスキンズなど
6位 221勝 アンディ・リード イーグルス、チーフス
7位 200勝 マーティ・ショッテンハイマー ブラウンズ、チャージャーズなど
8位 193勝 チャック・ノル スティーラーズ
9位 190勝 ダン・リーヴス ブロンコス、ジャイアンツなど
10位 186勝 チャック・ノックス ラムズ、シーホークスなど

アンディ・リードが携わったチーム一覧

期間 チーム 役割
1982年 ブリガムヤング大学(BYU) Graduate assistant
1983-1985年 サンフランシスコ州立大学 OLコーチ
1986年 ノーザンアリゾナ大学 OLコーチ
1987-1988年 テキサス大学エル・パソ校 OLコーチ
1989-1991年 ミズーリ大学 OLコーチ
1992-1996年 グリーンベイ・パッカーズ OLアシスタントコーチ兼TEコーチ
1997-1998年 グリーンベイ・パッカーズ QBコーチ兼アシスタントコーチ
1999-2012年 フィラデルフィア・イーグルス ヘッドコーチ
2013-現在 カンザスシティ・チーフス ヘッドコーチ

スーパーボウル優勝

アンディ・リードは、ながらくスーパーボウルを獲得できていませんでした。

ですが、遂に、2019年シーズン悲願のスーパーボウルを獲得しました。

スーパーボウル優勝経験のある現役ヘッドコーチ

2020年現在、現役のNFLヘッドコーチでスーパーボウル優勝経験があるのは下記のコーチ達です。

ヘッドコーチ名 優勝回数 優勝チーム
ビル・ベリチック 6回 ペイトリオッツ
ジョン・グルーデン 1回 バッカニアーズ
マイク・トムリン 1回 スティーラーズ
ショーン・ペイトン 1回 セインツ
マイク・マッカーシー 1回 パッカーズ
ジョン・ハーボー 1回 レイブンズ
ピート・キャロル 1回 シーホークス
ダグ・ペダーソン 1回 イーグルス
アンディ・リード 1回 チーフス
ブルース・エリアンス 1回 バッカニアーズ

現在はチーフスHC

アンディ・リードは2013年からカンザスシティ・チーフスのヘッドコーチをつとめています。

2020年シーズンは2年連続のスーパーボウルに進出しました。

2021年シーズンも期待しましょう!

2021年シーズンのNFLヘッドコーチ一覧

2021年シーズンのNFL各チームのヘッドコーチは以下になります。

カンファレンス 地区 チーム ヘッドコーチ 年数
AFC 東地区 ビルズ シーン・マクダーモット 5年目
ドルフィンズ ブライアン・フローレス 3年目
ペイトリオッツ ビル・ベリチック 22年目
ジェッツ ロバート・サレー 1年目
北地区 レイブンズ ジョン・ハーボー 14年目
ベンガルズ ザック・テイラー 3年目
ブラウンズ ケビン・ステファンスキー 2年目
スティーラーズ マイク・トムリン 15年目
南地区 テキサンズ デイビット・カリー 1年目
コルツ フランク・ライク 4年目
ジャガーズ アーバン・マイヤー 1年目
タイタンズ マイク・ブレイベル 4年目
西地区 ブロンコス ビック・ファンジオ 3年目
チーフス アンディ・リード 9年目
レイダース ジョン・グルーデン 4年目
チャージャーズ ブランドン・ステーリー 1年目
NFC 東地区 カウボーイズ マイク・マッカーシー 2年目
ジャイアンツ ジョー・ジャッジ 2年目
イーグルス ニック・シリアニ 1年目
ワシントン ロン・リベラ 2年目
北地区 ベアーズ マット・ナギー 4年目
ライオンズ ダン・キャンベル 1年目
パッカーズ マット・ラフルール 3年目
バイキングス マイク・ジマー 8年目
南地区 ファルコンズ アーサー・スミス 1年目
パンサーズ マット・ロール 2年目
セインツ ショーン・ペイトン 15年目
バッカニアーズ ブルース・エリアンス 3年目
西地区 カーディナルス クリフ・キングスベリー 3年目
49ers カイル・シャナハン 5年目
シーホークス ピート・キャロル 12年目
ラムズ シーン・マクベイ 5年目

アンディ・リードが特筆した成績を収めたチーム

アンディ・リードが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

イーグルス(2004年シーズン)

アンディ・リード率いるイーグルスが第39回スーパーボウルに進出した2004年シーズン。

レギュラーシーズンを13勝3敗の好成績で終え、第1位シードとして実に5年連続となったプレイオフに臨みました。

プレイオフでは、バイキングスやファルコンズをなぎ倒し、スーパーボウルに進出。

スーパーボウルでは前年シーズン優勝チーム、ペイトリオッツと対戦し惜しくも敗戦しましたが、スーパーボウルまであと一歩のところまで迫りました。

主力メンバーには、2005年当時はまだまだ希少価値の高かったモバイルQBドノバン・マグナブやプロボウル3度選出WRテレル・オーウェンズ、同じくプロボウル3度選出のジェボン・カースなど攻守に好選手を揃えていました。

チーフス(2019年シーズン)

アンディ・リードが初めてスーパーボウルを獲得したのがチーフスのヘッドコーチとして5年連続プレイオフに進出した2019年シーズンでした。

このシーズンは、前年にシーズンMVPを受賞した若き司令塔QBのパトリック・マホームズが勝負強さを身に付けてスーパーボウルまで到達。

49ersとの一戦になった第54回スーパーボウルも勝ちきり、悲願の優勝を達成しました。

このチームにはマホームズをはじめ、マホームズのメインターゲットWRタイリーク・ヒルやサミー・ワトキンス、TEトラビス・ケルシーといった豪華オフェンス陣、SSタイラー・マシューやDTクリス・ジョーンズといったデフェンス陣と充実した選手層を誇っていました。

アンディ・リード率いるチーフスの戦術

アンディ・リード率いる2020年シーズンのチーフスは、QBマホームズのパスオフェンスを主体としたオフェンスが魅力です。

今シーズン、リーグ2位の4,740ヤードを投げている強肩もさることながら、インターセプトはわずか6という安定感も着実についてきています。

チーフスの強力パスオフェンスに注目してください!

アンディ・リードの教え子は?

アンディ・リードの教え子として有名な選手をまとめました。

ドノバン・マグナブ

アンディ・リードがイーグルスを率いていた当時、主戦QBとして活躍していたのがドノバン・マグナブでした。

1999年から2009年までアンディ・リードの下でオフェンスをコントロールし、8度のプレイオフ進出に貢献しています。

当時は珍しかったモバイルQBとして、記憶に残る選手です。

アレックス・スミス

元ドラフト1位指名QBであり、堅実なパスが魅力のアレックス・スミス。

そんなスミスも2013年からチーフスでアンディ・リードのもと輝いた選手でした。

49ersのスターターをコリン・キャパニックに譲り、移籍してきたチーフスで4度のプレイオフ進出を果たしています。

当時は強力ディフェンスが売りのチームでしたが、スミスのいぶし銀のパスワークがなければ勝ち続けることは難しかったでしょう。

パトリック・マホームズ

現在、トム・ブレイディに次ぐGOATと呼ばれ、2020年代のNFLを象徴する選手になると言われているパトリック・マホームズ。

2017年シーズンにアンディ・リード率いるチーフスに加入し、2年目の2018年シーズンから移籍したアレックス・スミスに代わり先発QBとなっています。

そこからの活躍は言わずもがな。

ビル・ベリチックとブレイディのように、アンディ・リードとマホームズが一時代を築いていくことでしょう、

アンディ・リードの教え子だったNFLヘッドコーチ

アンディ・リードは、コーチ歴が長いためNFLヘッドコーチの中にもリードの下コーチをしていた人が多くいます。

マット・ナギー

現シカゴ・ベアーズのヘッドコーチであるマット・ナギーは、アンディ・リードの下長くコーチ業をしていました。

2008年にリードが率いていたイーグルスにインターンとして入団すると、その後さまざまなコーチポジションでコーチングを経験。

2013年にリードがチーフスのヘッドコーチに就任すると、ナギーも同じくチーフスへ赴きQBコーチに就任しました。

さらに、2016年からはオフェンスコーディネーターへ昇格。

3年間リード率いるチーフスのオフェンス陣を纏めた手腕が評価され、2018年からベアーズのヘッドコーチとして独り立ちしています。

マット・ナギー-img

シーン・マクダーモット

現バッファロー・ビルズのヘッドコーチ、シーン・マクダーモットもアンディ・リードの下コーチ業をしていた人物です。

1999年にイーグルスのスカウト部門に所属すると、2001年にはアンディ・リードからコーチ業への転身を勧められアシスタントヘッドコーチに就任。

その後、リード率いるイーグルスでLBコーチやセカンダリーコーチを歴任すると2009年からはディフェンスコーディネーターへ昇格しました。

2011年からは同門のロン・リベラ率いるパンサーズのDCとして引き抜かれ、2017年からはビルズのヘッドコーチとして優秀な成績を収めています。

ショーン・マクダーモット

デイビット・カリー

2021年からテキサンズのヘッドコーチに就任した、デイビット・カリー

彼もまたアンディ・リードの下、下積みを経験しています。

リードに出会う前から長年WRコーチとしてコーチ業を経験していましたカリーは、1999年にリードがイーグルスのヘッドコーチに就任するとWRコーチとして招聘されました。

その後、2016年まで18年間リードの下、レシーバー陣のコーチングをし、2017年からは同門のシーン・マクダーモット率いるビルズのQBコーチとして引き抜かれました。

さらに、カリーはジョン・ハーボー率いるレイブンズのコーチを経由して、ついにテキサンズのヘッドコーチとなっています。

デイビッド・カリー-img

ジョン・ハーボー

長年ボルチモア・レイブンズを率いてスーパーボウル制覇の経験もあるジョン・ハーボー

門下生でありながら師匠より先にスーパーボウルを制覇しているハーボーですが、リード就任以前の1998年からイーグルスのスペシャルチームコーディネーターを務め2007年まで共に仕事をしました。

その後、2008年からはレイブンズのヘッドコーチに抜擢され、現在もなお安定した成績を残しています。

ジョン・ハーボー

ロン・リベラ

現ワシントンフットボールチームのヘッドコーチであるロン・リベラもこれまで紹介した他のコーチ陣より短い期間ですが、アンディ・リードに師事していました。

リベラは1997年からベアーズのクオリティコントロールコーチを務めていましたが、1999年からリード率いるイーグルスへ移籍し5年間LBコーチを務めました。

その後はベアーズやチャージャーズのDCに昇格し、2011年からはパンサーズのヘッドコーチに就任しています。

ロン・リベラ-img

ダグ・ペダーソン

2020年までイーグルスのヘッドコーチを務めたダグ・ペダーソンもまたアンディ・リードの教え子として有名なコーチです。

ペダーソンとリードの関係性は深く、ペダーソンがまだプレイヤーだったの1995年にパッカーズでバックアップQBとコーチという間柄で出会いました。

その後、リードが1999年にイーグルスのヘッドコーチに就任すると、スターターQBとしてペダーソンをイーグルスへ招きました。

ペダーソンは期待されながらもシーズン途中にルーキーのドノバン・マグナブにポジションを奪われ1年でチームを去ることになりましたが、10年後の2009年にコーチとして再びリード率いるイーグルスへ復帰しました。

その後、ペダーソンはイーグルスでQBコーチ、チーフスでオフェンスコーディネーターを歴任、リードの右腕として活躍しました。

その手腕を評価されたペダーソンは2016年に古巣イーグルスのヘッドコーチとして帰還し、5年間チームを率いました。

ダグ・ペダーソン

アンディ・リード以外の名将

NFLの現役ヘッドコーチには名将と呼ばれる人も多くいます。

そこで、アンディ・リード以外の名将を紹介していきます。

ビル・ベリチック

名実ともに現役最高、後世に語り継がれるであろうヘッドコーチがペイトリオッツのビル・ベリチックです。

スーパーボウル優勝6度と圧倒的な実績を持ち、2019年まで長年GOATトム・ブレイディとNFL最強チームを率いていました。

マイク・トムリン

スティールカーテンを長年統率してきたのが、マイク・トムリンです。

スーパーボウルを史上最年少ヘッドコーチとして制覇し、常に常勝軍団を作り上げてきた手腕は高く評価されています。

アンディ・リードが監督したチーム最後に

アンディ・リードは、これまで様々なチームを率いてきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はアンディ・リードの今後の活躍に期待してください。

1 COMMENT

リード先生、ガンバレ

ありがとうございます。
ブルース・エリアンス率いるバッカニアーズが
スーパーボール出場を見て。

あれ?このHCは、獲ったことあったっけ?
と思って、いろいろ調べていたら、こちらのHPに
辿り着きました。

個人的には、アンディ・リード監督のほうが好きです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です