サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

デイビット・カリーが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

デイビッド・カリー-img

デイビット・カリーは、NFLのヘッドコーチです。

ですが、
・デイビット・カリーってどんな人?
・デイビット・カリーが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はデイビット・カリーが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

デイビット・カリーの基本情報

デイビット・カリーはテネシー州出身のNFLヘッドコーチです。

名前 デイビット・カリー(David Culley)
出身 テネシー州スパータ
生年月日 1955年9月17日

バンダービルト大学出身

デイビット・カリーは、テネシー州の名門私立大学バンダービルト大学に入学し、QBとしてプレーしました。

バンダービルト大学において、初めての黒人QBだったようです。

NFL通算0勝

デイビット・カリーは2020年シーズン時点でヘッドコーチとしての経験がありませんので、NFL通算0勝となります。

2021年からNFLヘッドコーチ職となりましたので、今後の成績に期待しましょう。

順位 勝利数 ヘッドコーチ名 主なチーム
1位 328勝 ドン・シュラ ドルフィンズ、コルツ
2位 318勝 ジョージ・ハラス ベアーズ
3位 280勝 ビル・ベリチック ペイトリオッツ
4位 250勝 トム・ランドリー カウボーイズ
5位 226勝 カーリー・ランボー パッカーズ、レッドスキンズなど
6位 221勝 アンディ・リード イーグルス、チーフス
7位 200勝 マーティ・ショッテンハイマー ブラウンズ、チャージャーズなど
8位 193勝 チャック・ノル スティーラーズ
9位 190勝 ダン・リーヴス ブロンコス、ジャイアンツなど
10位 186勝 チャック・ノックス ラムズ、シーホークスなど

デイビット・カリーが携わったチーム一覧

期間 チーム 役割
1978年 オースティン・ピーイー州立大学 RBコーチ
1979-1981年 バンダービルト大学 WRコーチ
1982年 ミドル・テネシー州立大学 QBコーチ兼RBコーチ
1983年 テネシー大学チャタヌーガ校 WRコーチ
1985-1988年/th>

ルイジアナ大学ラフェイエット校 QBコーチ
1989-1990年 テキサス大学エルパソ校 OC兼RBコーチ兼WRコーチ
1991-1993年 テキサスA&M大学 WRコーチ
1994-1995年 タンパベイ・バッカニアーズ WRコーチ
1996-1998年 ピッツバーグ・スティーラーズ WRコーチ
1999-2010年 フィラデルフィア・イーグルス WRコーチ
2011-2012年 フィラデルフィア・イーグルス WRコーチ兼シニアオフェンシブアシスタント
2013-2016 カンザスシティ・チーフス アシスタントヘッドコーチ兼WRコーチ
2017-2018 バッファロー・ビルズ QBコーチ
2019-2020年 ボルチモア・レイブンズ アシスタントヘッドコーチ兼WRコーチ兼パッシングゲームコーディネーター
2021-現在 ヒューストン・テキサンズ ヘッドコーチ

コーチ歴40年以上の大ベテラン

デイビット・カリーは、1978年にFCSのマイナー校オースティン・ピーイー州立大学でRBコーチに就任してから数々のチームを渡り歩いてきました。

ただし、2021年にテキサンズのヘッドコーチになるまで、ヘッドコーチの経験はありませんでした。

アンディ・リードとの関係性

デイビット・カリーは、1999年にアンディ・リードがヘッドコーチを務めていたフィラデルフィア・イーグルスのWRコーチに就任後、リードがヘッドコーチを退任する2012年まで共にイーグルスでコーチングしていました。

その後、2013年からリードがチーフスを率いることになると同時にカリーもチーフスへ移り、2016年までリードの右腕として支えました。

スーパーボウル優勝経験のある現役ヘッドコーチ

2021年現在、現役のNFLヘッドコーチでスーパーボウル優勝経験があるのは下記のコーチ達です。

ヘッドコーチ名 優勝回数 優勝チーム
ビル・ベリチック 6回 ペイトリオッツ
ジョン・グルーデン 1回 バッカニアーズ
マイク・トムリン 1回 スティーラーズ
ショーン・ペイトン 1回 セインツ
マイク・マッカーシー 1回 パッカーズ
ジョン・ハーボー 1回 レイブンズ
ピート・キャロル 1回 シーホークス
ダグ・ペダーソン 1回 イーグルス
アンディ・リード 1回 チーフス
ブルース・エリアンス 1回 バッカニアーズ

現在はテキサンズHC

デイビット・カリーは2021年からヒューストン・テキサンズのヘッドコーチをつとめています。

2021年シーズンのNFLヘッドコーチ一覧

2021年シーズンのNFL各チームのヘッドコーチは以下になります。

カンファレンス 地区 チーム ヘッドコーチ 年数
AFC 東地区 ビルズ シーン・マクダーモット 5年目
ドルフィンズ ブライアン・フローレス 3年目
ペイトリオッツ ビル・ベリチック 22年目
ジェッツ ロバート・サレー 1年目
北地区 レイブンズ ジョン・ハーボー 14年目
ベンガルズ ザック・テイラー 3年目
ブラウンズ ケビン・ステファンスキー 2年目
スティーラーズ マイク・トムリン 15年目
南地区 テキサンズ デイビット・カリー 1年目
コルツ フランク・ライク 4年目
ジャガーズ アーバン・マイヤー 1年目
タイタンズ マイク・ブレイベル 4年目
西地区 ブロンコス ビック・ファンジオ 3年目
チーフス アンディ・リード 9年目
レイダース ジョン・グルーデン 4年目
チャージャーズ ブランドン・ステーリー 1年目
NFC 東地区 カウボーイズ マイク・マッカーシー 2年目
ジャイアンツ ジョー・ジャッジ 2年目
イーグルス ニック・シリアニ 1年目
ワシントン ロン・リベラ 2年目
北地区 ベアーズ マット・ナギー 4年目
ライオンズ ダン・キャンベル 1年目
パッカーズ マット・ラフルール 3年目
バイキングス マイク・ジマー 8年目
南地区 ファルコンズ アーサー・スミス 1年目
パンサーズ マット・ロール 2年目
セインツ ショーン・ペイトン 15年目
バッカニアーズ ブルース・エリアンス 3年目
西地区 カーディナルス クリフ・キングスベリー 3年目
49ers カイル・シャナハン 5年目
シーホークス ピート・キャロル 12年目
ラムズ シーン・マクベイ 5年目

デイビット・カリーの教え子は?

デイビット・カリーの教え子として有名な選手をまとめました。

ジョシュ・アレン

今やビルズのエースQBに成長したジョシュ・アレン。

アレンはデイビット・カリーがビルズのQBコーチを務めていた2018年シーズンに全体7位指名ルーキーとしてビルズに加入しました。

アレンのルーキーイヤーは怪我によて11試合の出場に留まりましたが、デイビット・カリーの下、1年間プロとしての地盤を固めました。

デショーン・ジャクソン

5度の1000ydレシーブを達成し、リーグ屈指のWRとして長年活躍するデショーン・ジャクソン。

ジャクソンのルーキーシーズンだった2008年から5年間、デイビット・カリーWRコーチの下プレーしていました。

デイビット・カリーの指導を受け続けたジャクソンは、ドノバン・マグナブやマイケル・ヴィックらのメインターゲットとしてイーグルスのスター選手として君臨しました。

デイビット・カリー以外の名将

NFLの現役ヘッドコーチには名将と呼ばれる人も多くいます。

そこで、デイビット・カリー以外の名将を紹介していきます。

ビル・ベリチック

名実ともに現役最高、後世に語り継がれるであろうヘッドコーチがペイトリオッツのビル・ベリチックです。

スーパーボウル優勝6度と圧倒的な実績を持ち、2019年まで長年GOATトム・ブレイディとNFL最強チームを率いていました。

アンディ・リード

2019年のスーパーボウルを制し、ネクストGOATとの呼び声高いパトリック・マホームズを育て上げたのがアンディ・リードです。

イーグルス、チーフスと強豪チームを率いてきた実績は十分で、今後マホームズと共に長期政権を作りあげる可能性を秘めています。

マイク・トムリン

スティールカーテンを長年統率してきたのが、マイク・トムリンです。

スーパーボウルを史上最年少ヘッドコーチとして制覇し、常に常勝軍団を作り上げてきた手腕は高く評価されています。

デイビット・カリーが監督したチーム最後に

デイビット・カリーは、年齢的にもまだまだ現役ですので今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、興味のある方はデイビット・カリーの今後の活躍に期待してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です