東京オリンピックの日本代表監督まとめ

ブルース・エリアンスが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

ブルース・エリアンス
ブルース・エリアンスは、NFLを代表するヘッドコーチです。

ですが、
・ブルース・エリアンスってどんな人?
・ブルース・エリアンスが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はブルース・エリアンスが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

ブルース・エリアンスの基本情報

ブルース・エリアンスはニュージャージー州出身のヘッドコーチです。

名前 ブルース・チャールズ・エリアンス(Bruce Charles Arians)
出身 ニュージャージー州パターソン
生年月日 1952年10月3日

バージニア工科大出身

ブルース・エリアンスはバージニア工科大学出身です。

大学時代はQBとしてプレーしていました。

通算76勝

ブルース・エリアンスは暫定ヘッドコーチ時代も含めると2020年シーズン時点でNFLレギュラーシーズン通算76勝を記録しています。

この数字は、歴代第62位タイの記録で今後も勝利を重ねることが予想されます。

順位 勝利数 ヘッドコーチ名 主なチーム
1位 328勝 ドン・シュラ ドルフィンズ、コルツ
2位 318勝 ジョージ・ハラス ベアーズ
3位 280勝 ビル・ベリチック ペイトリオッツ
4位 250勝 トム・ランドリー カウボーイズ
5位 226勝 カーリー・ランボー パッカーズ、レッドスキンズなど
6位 221勝 アンディ・リード イーグルス、チーフス
7位 200勝 マーティ・ショッテンハイマー ブラウンズ、チャージャーズなど
8位 193勝 チャック・ノル スティーラーズ
9位 190勝 ダン・リーヴス ブロンコス、ジャイアンツなど
10位 186勝 チャック・ノックス ラムズ、シーホークスなど

ブルース・エリアンスが携わったチーム一覧

期間 チーム 役割
1975-1977年 バージニア工科大学 Graduate assistant
1978-1980年 ミシシッピ州立大学 WRコーチ兼RBコーチ
1981-1982年 アラバマ大学 RBコーチ
1983-1988年 テンプル大学 ヘッドコーチ
1989-1992年 カンザスシティ・チーフス RBコーチ
1993-1995年 ミシシッピ州立大学 OC
1996年 ニューオリンズ・セインツ TEコーチ
1997年 アラバマ大学 OC
1998-2000年 インディアナポリス・コルツ QBコーチ
2001-2003年 クリーブランド・ブラウンズ OC
2004-2006年 ピッツバーグ・スティーラーズ WRコーチ
2007-2011年 ピッツバーグ・スティーラーズ OC
2012年 インディアナポリス・コルツ OC兼暫定ヘッドコーチ
2013-2017年 アリゾナ・カージナルス ヘッドコーチ
2019-現在 タンパベイ・バッカニアーズ ヘッドコーチ

現在はバッカニアーズHC

ブルース・エリアンスは2019年からバッカニアーズのHCに就任しています。

第55回スーパーボウル優勝!

2020年シーズンはNFCチャンピオンシップでマット・ラフルール率いるパッカーズを下しスーパーボウルに進出。

スーパーボウルではアンディ・リード率いるチーフスに快勝し、第55回スーパーボウル優勝を達成しました。

左肩に記念タトゥー

ブルース・エリアンスは、チームがスーパーボウルを制覇したらタトゥーを入れると約束していました。

バッカニアーズは見事スーパーボウルを制覇しましたので、約束通り左肩の下あたりに優勝を記念したタトゥー入れたようです。

スーパーボウル優勝経験のある現役ヘッドコーチ

2020年現在、現役のNFLヘッドコーチでスーパーボウル優勝経験があるのは下記のコーチ達です。

ヘッドコーチ名 優勝回数 優勝チーム
ビル・ベリチック 6回 ペイトリオッツ
ジョン・グルーデン 1回 バッカニアーズ
マイク・トムリン 1回 スティーラーズ
ショーン・ペイトン 1回 セインツ
マイク・マッカーシー 1回 パッカーズ
ジョン・ハーボー 1回 レイブンズ
ピート・キャロル 1回 シーホークス
ダグ・ペダーソン 1回 イーグルス
アンディ・リード 1回 チーフス
ブルース・エリアンス 1回 バッカニアーズ

ブルース・エリアンスが特筆した成績を収めたチーム

ブルース・エリアンスが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

カージナルス(2015年シーズン)

2019年シーズン以前にブルース・エリアンスがスーパーボウルに1番近づいたのが、アリゾナ・カージナルスを率いていた2015年シーズンでした。

この年は、13勝3敗でNFC2位と好順でプレイオフに突入、難敵パッカーズを降しましたが当時絶頂期のキャム・ニュートン擁するパンサーズに敗北し、NFCチャンピオンシップでストップとなりました。

当時の主力メンバーには、主戦QBカーソン・パーマー、WRラリー・フィッツジェラルド等実力者を揃えていました。

バッカニアーズ(2020年シーズン)

コロナ禍で行われた2020年シーズンでエリアンス率いるバッカニアーズは見事スーパーボウル制覇を成し遂げました。

チームのQBにGOATトム・ブレイディを招き入れましたが、コロナ禍の影響で満足にプレシーズンを過ごせず開幕戦を落とします。

それでも、シーズンが進むにつれて安定感が出てくると11勝5敗の成績でプレイオフに5位で滑り込み。

プレイオフではセインツやパッカーズ、チーフスといった攻撃的なチームを相手に打ち勝ち、スーパーボウル制覇を達成しています。

ブルース・エリアンスのQB育成力

ブルース・エリアンスは長年QBコーチやOCとして指導してきたことから、QBの育成に評判があります。

中でも、若かりし頃のペイトン・マニングやアンドリュー・ラックなどを育成してきています。

ブルース・エリアンスの教え子は?

ブルース・エリアンスの教え子として有名な選手をまとめました。

カーソン・パーマー

大学時代にハイズマン賞を受賞しながら、NFLで燻っていたカーソン・パーマー。

カージナルスへ移籍してきた2013年にブルース・エリアンスと出会い、見事2年連続のプレイオフ進出を果たすまでのQBへと変貌を遂げました。

ペイトン・マニング

ペイトン・マニングが1998年にドラフト全体1位指名を受けて入団したコルツのQBコーチが何を隠そうブルース・エリアンスでした。

そこから3年間ブルース・エリアンスはコルツのQBコーチをつとめ、史上最高峰のQBペイトン・マニングの礎を築きました。

ベン・ロスリスバーガー

スティーラーズの顔、ベン・ロスリスバーガーもブルース・エリアンスから指導を受けています。

2007年から2011年までブルース・エリアンスはスティーラーズのOCをつとめており、その期間ロスリスバーガーは彼と共に仕事をしていました。(当時のヘッドコーチはマイク・トムリン

2008年シーズンのスーパーボウル優勝も一緒に経験しています。

アンドリュー・ラック

2012年ドラフト全体1位のアンドリュー・ラック。

彼もまたブルース・エリアンスの指導を受けた選手の一人です。

2012年シーズンにブルース・エリアンスはコルツのOCをつとめ、ラックの新人時代にプロQBとしてオフェンスを学ばせました。

ブルース・エリアンスが監督したチーム最後に

ブルース・エリアンスは、これまで様々なチームを率いてきました。

ですが、年齢的には引退をチラつく年齢が近づいてます。

ただし、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はブルース・エリアンスの今後の活躍に期待してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です