サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

ジョン・グルーデンが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

ジョン・グルーデン
ジョン・グルーデンは、NFLを代表するヘッドコーチです。

ですが、
・ジョン・グルーデンってどんな人?
・ジョン・グルーデンが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はジョン・グルーデンが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

ジョン・グルーデンの基本情報

ジョン・グルーデンはオハイオ州出身のNFLヘッドコーチです。

名前 ジョン・デイビッド・グルーデン (Jon David Gruden)
出身 オハイオ州 サンダスキー
生年月日 1963年8月17日

デイトン大学出身

ジョン・グルーデンは、デイトン大学出身です。

マスキンガム大学に1年在籍しその後デイトン大学にトランスファー、3年間控えQBとして過ごしました。

ブラウンズファン?

ジョン・グルーデンはオハイオ州出身ということもあり、幼少期はクリーブランド・ブラウンズファンだったようです。

レイダースのヘッドコーチを辞任

ジョン・グルーデンは2021年シーズンもレイダースのヘッドコーチとして指揮を執っていましたが、5試合消化した時点で電撃辞任となりました。

辞任理由はグルーデンが2010年から度重なる人種差別、人種差別的な表現を用いてメールをしていたということです。

2021年シーズンのレイダースは開幕から好調をキープしていただけに残念ですが、後任のリッチ・ビサッチア暫定ヘッドコーチの手腕に期待しましょう。

NFL通算114勝

ジョン・グルーデンは2021年シーズン時点開幕前でヘッドコーチとしてNFLレギュラーシーズン通算114勝を記録しています。

この数字は、歴代37位の記録で、今後も勝利を重ねることが予想されます。

順位 勝利数 ヘッドコーチ名 主なチーム
1位 328勝 ドン・シュラ ドルフィンズ、コルツ
2位 318勝 ジョージ・ハラス ベアーズ
3位 280勝 ビル・ベリチック ペイトリオッツ
4位 250勝 トム・ランドリー カウボーイズ
5位 226勝 カーリー・ランボー パッカーズ、レッドスキンズなど
6位 221勝 アンディ・リード イーグルス、チーフス
7位 200勝 マーティ・ショッテンハイマー ブラウンズ、チャージャーズなど
8位 193勝 チャック・ノル スティーラーズ
9位 190勝 ダン・リーヴス ブロンコス、ジャイアンツなど
10位 186勝 チャック・ノックス ラムズ、シーホークスなど

ジョン・グルーデンが携わったチーム一覧

期間 チーム 役割
1986-1987年 テネシー大学 Graduate assistant
1988年 サウスイースト・ミズーリ州立大学 パッシングゲームコーディネーター
1989年 パシフィック大学 TEコーチ
1990年 サンフランシスコ・49ers オフェンシブアシスタント
1991年 ピッツバーグ大学 WRコーチ
1992年 グリーンベイ・パッカーズ オフェンシブアシスタント兼クオリティコントロールスタッフ
1993-1994年 グリーンベイ・パッカーズ WRコーチ
1995-1997年 フィラデルフィア・イーグルス OC
1998-2001年 オークランド・レイダース ヘッドコーチ
2002-2008年 タンパベイ・バッカニアーズ ヘッドコーチ
2018-2021年 オークランド(現ラスベガス)・レイダース ヘッドコーチ

スーパーボウル優勝

ジョン・グルーデンは、バッカニアーズヘッドコーチ時代に第37回スーパーボウルを制し、ヴィンス・ロンバルディ・トロフィーを獲得しています。

スーパーボウル優勝経験のある現役ヘッドコーチ

2021年現在、現役のNFLヘッドコーチでスーパーボウル優勝経験があるのは下記のコーチ達です。

ヘッドコーチ名 優勝回数 優勝チーム
ビル・ベリチック 6回 ペイトリオッツ
ジョン・グルーデン 1回 バッカニアーズ
マイク・トムリン 1回 スティーラーズ
ショーン・ペイトン 1回 セインツ
マイク・マッカーシー 1回 パッカーズ
ジョン・ハーボー 1回 レイブンズ
ピート・キャロル 1回 シーホークス
ダグ・ペダーソン 1回 イーグルス
アンディ・リード 1回 チーフス
ブルース・エリアンス 1回 バッカニアーズ

現在はフリー

ジョン・グルーデンは2018年から2度目のレイダースヘッドコーチに就任し、2021年途中まで指揮しましたが辞任しています。

そのため2021年10月13日時点ではフリーとなっています。

2021年シーズンのNFLヘッドコーチ一覧

2021年シーズンのNFL各チームのヘッドコーチは以下になります。

カンファレンス 地区 チーム ヘッドコーチ 年数
AFC 東地区 ビルズ シーン・マクダーモット 5年目
ドルフィンズ ブライアン・フローレス 3年目
ペイトリオッツ ビル・ベリチック 22年目
ジェッツ ロバート・サレー 1年目
北地区 レイブンズ ジョン・ハーボー 14年目
ベンガルズ ザック・テイラー 3年目
ブラウンズ ケビン・ステファンスキー 2年目
スティーラーズ マイク・トムリン 15年目
南地区 テキサンズ デイビット・カリー 1年目
コルツ フランク・ライク 4年目
ジャガーズ アーバン・マイヤー 1年目
タイタンズ マイク・ブレイベル 4年目
西地区 ブロンコス ビック・ファンジオ 3年目
チーフス アンディ・リード 9年目
レイダース リッチ・ビサッチア 1年目
チャージャーズ ブランドン・ステーリー 1年目
NFC 東地区 カウボーイズ マイク・マッカーシー 2年目
ジャイアンツ ジョー・ジャッジ 2年目
イーグルス ニック・シリアニ 1年目
ワシントン ロン・リベラ 2年目
北地区 ベアーズ マット・ナギー 4年目
ライオンズ ダン・キャンベル 1年目
パッカーズ マット・ラフルール 3年目
バイキングス マイク・ジマー 8年目
南地区 ファルコンズ アーサー・スミス 1年目
パンサーズ マット・ロール 2年目
セインツ ショーン・ペイトン 15年目
バッカニアーズ ブルース・エリアンス 3年目
西地区 カーディナルス クリフ・キングスベリー 3年目
49ers カイル・シャナハン 5年目
シーホークス ピート・キャロル 12年目
ラムズ シーン・マクベイ 5年目

ジョン・グルーデンが特筆した成績を収めたチーム

ジョン・グルーデンが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

バッカニアーズ(2002年シーズン)

ジョン・グルーデンがバッカニアーズのヘッドコーチに就任した1年目の2002年シーズン。

レギュラーシーズンを12勝4敗の好成績で終え、第2位シードとしてプレイオフに臨みました。

プレイオフでは、49ersやイーグルスに圧勝しスーパーボウルに進出。

第37回スーパーボウルでは前年までグルーデンがヘッドコーチをつとめていたレイダースと対戦しました。

古巣レイダースとの決戦はバッカニアーズQBブラッド・ジョンソンの堅実なパスワークが冴え48対21で大勝しました。

当時のメンバーには、QBブラッド・ジョンソンをはじめ、プロボウル7回出場のDTウォーレン・サップ、同11回出場のLBデリック・ブルックスなど攻守に実力者を揃えていました。

ジョン・グルーデンの教え子は?

ジョン・グルーデンの教え子として有名な選手をまとめました。

ブラッド・ジョンソン

ジョン・グルーデンがスーパーボウルを制した時の正QBブラッド・ジョンソンでした。

グルーデンとジョンソンが一緒に仕事をしたのはわずか3年間でしたが、弱小バッカニアーズを優勝に導いたタッグでした。

バッカニアーズを含め、ジョンソンはNFL4球団を渡り歩き、全てのチームで先発QBをつとめた安定感のある選手でした。

デレック・カー

グルーデンが2度目のレイダースヘッドコーチに就任後、大黒柱としてレイダースを引っ張っているのがデレック・カーです。

グルーデンがヘッドコーチに就任した2018年から3年間全試合でスターターをつとめており、怪我に強く安定感のあるQBです。

グルーデンとカーのコンビがスーパーボウルの舞台に経つのが待ち遠しいですね。

ジョン・グルーデン以外の名将

NFLの現役ヘッドコーチには名将と呼ばれる人も多くいます。

そこで、ジョン・グルーデン以外の名将を紹介していきます。

ビル・ベリチック

名実ともに現役最高、後世に語り継がれるであろうヘッドコーチがペイトリオッツのビル・ベリチックです。

スーパーボウル優勝6度と圧倒的な実績を持ち、2019年まで長年GOATトム・ブレイディとNFL最強チームを率いていました。

アンディ・リード

2019年のスーパーボウルを制し、ネクストGOATとの呼び声高いパトリック・マホームズを育て上げたのがアンディ・リードです。

イーグルス、チーフスと強豪チームを率いてきた実績は十分で、今後マホームズと共に長期政権を作りあげる可能性を秘めています。

マイク・トムリン

スティールカーテンを長年統率してきたのが、マイク・トムリンです。

スーパーボウルを史上最年少ヘッドコーチとして制覇し、常に常勝軍団を作り上げてきた手腕は高く評価されています。

ジョン・グルーデンが監督したチーム最後に

ジョン・グルーデンは、これまで様々なチームを率いてきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はジョン・グルーデンの今後の活躍に期待してください。