サッカー日本代表アジア最終予選はDAZNで!

ショーン・ペイトンが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

ショーン・ペイトン
ショーン・ペイトンは、NFLを代表するヘッドコーチです。

ですが、
・ショーン・ペイトンってどんな人?
・ショーン・ペイトンが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はショーン・ペイトンが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

ショーン・ペイトンの基本情報

ショーン・ペイトンはカリフォルニア州出身のNFLヘッドコーチです。

名前 パトリック・ショーン・ペイトン (Patrick Sean Payton)
出身 カリフォルニア州 サンマテオ
生年月日 1963年12月29日

東イリノイ大学出身

ショーン・ペイトンは、FCS校の東イリノイ大学出身です。

学生時代はQBとしてプレーしていたようです。

アリーナフットボールでプレー

ショーン・ペイトンは大学卒業後、NFLではなくアリーナフットボールで2年間プレーしていました。

NFL通算143勝

ショーン・ペイトンは2020年シーズン時点でヘッドコーチとしてNFLレギュラーシーズン通算143勝を記録しています。

この数字は、歴代第23位の記録で、今後も勝利を重ねることが予想されます。

順位 勝利数 ヘッドコーチ名 主なチーム
1位 328勝 ドン・シュラ ドルフィンズ、コルツ
2位 318勝 ジョージ・ハラス ベアーズ
3位 280勝 ビル・ベリチック ペイトリオッツ
4位 250勝 トム・ランドリー カウボーイズ
5位 226勝 カーリー・ランボー パッカーズ、レッドスキンズなど
6位 221勝 アンディ・リード イーグルス、チーフス
7位 200勝 マーティ・ショッテンハイマー ブラウンズ、チャージャーズなど
8位 193勝 チャック・ノル スティーラーズ
9位 190勝 ダン・リーヴス ブロンコス、ジャイアンツなど
10位 186勝 チャック・ノックス ラムズ、シーホークスなど

ショーン・ペイトンが携わったチーム一覧

期間 チーム 役割
1988-1989年 サンディエゴ州立大学 OA
1990-1991年 インディアナ州立大学 RBコーチ兼WRコーチ
1992-1993年 サンディエゴ州立大学 RBコーチ
1994-1995年 マイアミ大学(オハイオ) OC
1996年 イリノイ大学 QBコーチ
1997-1998年 フィラデルフィア・イーグルス QBコーチ
1999年 ニューヨーク・ジャイアンツ QBコーチ
2000-2002年 ニューヨーク・ジャイアンツ OC
2003-2005年 ダラス・カウボーイズ アシスタントヘッドコーチ兼QBコーチ
2006-現在 ニューオリンズ・セインツ ヘッドコーチ

スーパーボウル優勝

ショーン・ペイトンは、第44回スーパーボウルを制し、ヴィンス・ロンバルディ・トロフィーを獲得しています。

スーパーボウル優勝経験のある現役ヘッドコーチ

2020年現在、現役のNFLヘッドコーチでスーパーボウル優勝経験があるのは下記のコーチ達です。

ヘッドコーチ名 優勝回数 優勝チーム
ビル・ベリチック 6回 ペイトリオッツ
ジョン・グルーデン 1回 バッカニアーズ
マイク・トムリン 1回 スティーラーズ
ショーン・ペイトン 1回 セインツ
マイク・マッカーシー 1回 パッカーズ
ジョン・ハーボー 1回 レイブンズ
ピート・キャロル 1回 シーホークス
ダグ・ペダーソン 1回 イーグルス
アンディ・リード 1回 チーフス
ブルース・エリアンス 1回 バッカニアーズ

現在はセインツHC

ショーン・ペイトンは2006年からニューオリンズ・セインツのヘッドコーチをつとめています。

2021年シーズンも期待しましょう!

2021年シーズンのNFLヘッドコーチ一覧

2021年シーズンのNFL各チームのヘッドコーチは以下になります。

カンファレンス 地区 チーム ヘッドコーチ 年数
AFC 東地区 ビルズ シーン・マクダーモット 5年目
ドルフィンズ ブライアン・フローレス 3年目
ペイトリオッツ ビル・ベリチック 22年目
ジェッツ ロバート・サレー 1年目
北地区 レイブンズ ジョン・ハーボー 14年目
ベンガルズ ザック・テイラー 3年目
ブラウンズ ケビン・ステファンスキー 2年目
スティーラーズ マイク・トムリン 15年目
南地区 テキサンズ デイビット・カリー 1年目
コルツ フランク・ライク 4年目
ジャガーズ アーバン・マイヤー 1年目
タイタンズ マイク・ブレイベル 4年目
西地区 ブロンコス ビック・ファンジオ 3年目
チーフス アンディ・リード 9年目
レイダース リッチ・ビサッチア 1年目
チャージャーズ ブランドン・ステーリー 1年目
NFC 東地区 カウボーイズ マイク・マッカーシー 2年目
ジャイアンツ ジョー・ジャッジ 2年目
イーグルス ニック・シリアニ 1年目
ワシントン ロン・リベラ 2年目
北地区 ベアーズ マット・ナギー 4年目
ライオンズ ダン・キャンベル 1年目
パッカーズ マット・ラフルール 3年目
バイキングス マイク・ジマー 8年目
南地区 ファルコンズ アーサー・スミス 1年目
パンサーズ マット・ロール 2年目
セインツ ショーン・ペイトン 15年目
バッカニアーズ ブルース・エリアンス 3年目
西地区 カーディナルス クリフ・キングスベリー 3年目
49ers カイル・シャナハン 5年目
シーホークス ピート・キャロル 12年目
ラムズ シーン・マクベイ 5年目

ショーン・ペイトンが特筆した成績を収めたチーム

ショーン・ペイトンが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

セインツ(2009年シーズン)

ショーン・ペイトン率いるイーグルスが第44回スーパーボウルを制した2009年シーズン。

レギュラーシーズンを13勝3敗の好成績で終え、第1位シードとしてプレイオフに臨みました。

プレイオフでは、カージナルスやバイキングスを撃破し、スーパーボウルに進出。

スーパーボウルでは皇帝ペイトン・マニング擁するコルツと対戦、最後までQBドリュー・ブリーズの剛腕が冴えチームとしてもショーン・ペイトンとしても悲願の初優勝を達成しました。

主力メンバーには、リーグ屈指のパサー、QBドリュー・ブリーズやハイズマン賞受賞RBレジー・ブッシュ、DEウィル・スミス、CBトレイシー・ポーターなど攻守に好選手を揃えていました。

ショーン・ペイトンの教え子は?

ショーン・ペイトンの教え子として有名な選手をまとめました。

ドリュー・ブリーズ

ショーン・ペイトンがセインツのヘッドコーチに就任した2006年、チャージャーズから移籍してきたのがドリュー・ブリーズでした。

それから15年にわたりブリーズとペイトンは強豪セインツを率いています。

セインツ移籍後のブリーズはパス獲得ヤードで通算8度のリーグ1位を記録しています。

ショーン・ペイトンが監督したチーム最後に

ショーン・ペイトンは、これまで様々なチームを率いてきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はショーン・ペイトンの今後の活躍に期待してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です