東京オリンピックの日本代表監督まとめ

マイク・トムリンが監督したチームや教え子まとめ【2021年最新】

マイク・トムリン
マイク・トムリンは、NFLを代表するヘッドコーチです。

ですが、
・マイク・トムリンってどんな人?
・マイク・トムリンが作った最高のチームは?

など気になる方もいるでしょう。

そこで、今回はマイク・トムリンが監督したチームや教え子などを紹介していきます。

マイク・トムリンの基本情報

マイク・トムリンはバージニア州出身のNFLヘッドコーチです。

名前 マイケル・ペッタウェイ・トムリン (Michael Pettaway Tomlin)
出身 バージニア州 ハンプトン
生年月日 1972年3月15日

ウィリアム&メアリー大学出身

マイク・トムリンは、入試難度の高い学校、ウィリアム&メアリー大学出身です。

ウィリアム&メアリー大はCAA所属のFCS校ですが、マイク・トムリンはWRとして活躍していたようです。

また、現ビルズHCショーン・マクダーモットとチームメイトだったようです。

NFL通算221勝

マイク・トムリンは2020年シーズン時点でヘッドコーチとしてNFLレギュラーシーズン通算145勝を記録しています。

この数字は、歴代第21位の記録で今後も勝利を重ねることが予想されます。

順位 勝利数 ヘッドコーチ名 主なチーム
1位 328勝 ドン・シュラ ドルフィンズ、コルツ
2位 318勝 ジョージ・ハラス ベアーズ
3位 280勝 ビル・ベリチック ペイトリオッツ
4位 250勝 トム・ランドリー カウボーイズ
5位 226勝 カーリー・ランボー パッカーズ、レッドスキンズなど
6位 221勝 アンディ・リード イーグルス、チーフス
7位 200勝 マーティ・ショッテンハイマー ブラウンズ、チャージャーズなど
8位 193勝 チャック・ノル スティーラーズ
9位 190勝 ダン・リーヴス ブロンコス、ジャイアンツなど
10位 186勝 チャック・ノックス ラムズ、シーホークスなど

マイク・トムリンが携わったチーム一覧

期間 チーム 役割
1995年 バージニア州立軍事学校 WRコーチ
1996年 メンフィス大学 Graduate assistant
1997年 アーカンソー州立大学 WRコーチ
1998年 アーカンソー州立大学 DBコーチ
1999-2000年 シンシナティ大学 DBコーチ
2001-2005年 タンパベイ・バッカニアーズ DBコーチ
2006年 ミネソタ・バイキングス DC
2007-現在 ピッツバーグ・スティーラーズ ヘッドコーチ

スーパーボウル優勝

マイク・トムリンは、スティーラーズのヘッドコーチ2年目のシーズンに第43回スーパーボウルを制しています。

スーパーボウル優勝経験のある現役ヘッドコーチ

2020年現在、現役のNFLヘッドコーチでスーパーボウル優勝経験があるのは下記のコーチ達です。

ヘッドコーチ名 優勝回数 優勝チーム
ビル・ベリチック 6回 ペイトリオッツ
ジョン・グルーデン 1回 バッカニアーズ
マイク・トムリン 1回 スティーラーズ
ショーン・ペイトン 1回 セインツ
マイク・マッカーシー 1回 パッカーズ
ジョン・ハーボー 1回 レイブンズ
ピート・キャロル 1回 シーホークス
ダグ・ペダーソン 1回 イーグルス
アンディ・リード 1回 チーフス
ブルース・エリアンス 1回 バッカニアーズ

現在はスティーラーズHC

マイク・トムリンは2007年から名将ビル・カウワーの後任としてピッツバーグ・スティーラーズのヘッドコーチをつとめています。

2020年シーズンはシーズン後半に失速した感がありましたが、来シーズンに期待しましょう!

マイク・トムリンが特筆した成績を収めたチーム

マイク・トムリンが監督したチームで完成度が高かったチームを紹介していきます。

スティーラーズ(2008年シーズン)

マイク・トムリン率いるスティーラーズが第43回スーパーボウルを制した2008年シーズン。

レギュラーシーズンを12勝4敗の好成績で終え、第2位シードとして就任から2年連続となるプレイオフに臨みました。

プレイオフでは、チャージャーズやレイブンズをなぎ倒し、スーパーボウルに進出。

スーパーボウルでは下馬評を覆して上がってきたカージナルスと対戦。

ベテランQBカート・ワーナー擁するカージナルスと激戦を繰り広げますが、NFL屈指の強力ディフェンス(通称スティールカーテン)で凌ぎ3年ぶりの、マイク・トムリンヘッドコーチとしては初めての優勝を飾りました。

また、この優勝でマイク・トムリンは史上最年少優勝を達成したヘッドコーチとなりました。

主力メンバーには、ビックベンことQBベン・ロスリスバーガーをはじめ、リーグ屈指のOLBジェームズ・ハリソン、ラマー・ウッドリー、SSトロイ・ポラマルなど攻守に好選手を揃えていました。

スティーラーズ(2010年シーズン)

マイク・トムリンがスティーラーズを率いて2度目スーパーボウルに到達したのは、前回から2年後の2010年シーズンでした。

このシーズンも前回優勝時と同様、レギュラーシーズンを12勝4敗の第2位シードで突破し、レイブンズ、ジェッツを倒して第45回スーパーボウルに進出しました。

スーパーボウルではブレイク年となったQBアーロン・ロジャース擁するパッカーズと対戦し、推しくも破れますが堂々たる戦いぶりでした。

このチームには2008年シーズン同様、ロスリスバーガーやジェームズ・ハリソン、ラマー・ウッドリー、トロイ・ポラマルといった充実の選手層を誇っていました。

ブルース・エリアンスとの関係性

現タンパベイ・バッカニアーズヘッドコーチ、ブルース・エリアンスは2007年から2011年までスティーラーズのOCをつとめていました。(2004-2006年はWRコーチ)

マイク・トムリンのスーパーボウル史上最年少優勝の陰で、ブルース・エリアンスの貢献が大きかったのかもしれませんね。

マイク・トムリンの教え子は?

マイク・トムリンの教え子として有名な選手をまとめました。

ベン・ロスリスバーガー

マイク・トムリンが率いるスティーラーズにおいて、長年屋台骨を支えてきたのが、ベン・ロスリスバーガーです。

2007年から現在まで二人三脚で強豪チームを維持してきた盟友とも言えるでしょう。

トロイ・ポラマル

スティーラーズの顔、スター選手として長年マイク・トムリンとともに仕事をしてきたのが、SSトロイ・ポラマルです。

2007年から2014年まで、スティールカーテンを最後尾から支えていました。

マイク・トムリンが監督したチーム最後に

マイク・トムリンは、これまで様々なチームを率いてきました。

年齢的にもまだまだ現役ですので、今後も良いチームを生み出していくことでしょう。

また、既に後世に残る最高のチームと功績を挙げてきていますので、興味のある方はマイク・トムリンの今後の活躍に期待してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です